PRIMAL SOUND by Carsten Nicolai

ドイツ人アーティストであり音楽家のカールステン・ニコライ (Carsten Nicolai)の作品集。『Ur-Geräusch(Primal Sound)』は1919年に出版された詩人ライナー・マリア・リルケ(Rainer Maria Rilke)のエッセイのタイトルである。作者は2015年にKunstverein Braunschweigで開催した展覧会にこの名をつけた。このエッセイでリルケは、初期の蓄音機であるフォノグラフについて記している。今から140年ほど前の時点で既にフォノグラフは発明されており、レコードプレイヤーに先駆けて登場した、音を再現できる最初の装置だった。この技術革新の類例として、作者は目に見える形で音波を記録・再生する方法を発見した。Kunstverein Braunschweigで展示したインスタレーションでは、女優ジュール・ボウ(Jule Böwe)にリルケの『Primal Sound』を朗読させていた。本作では、ジュール・ボウの声を視覚化した包絡線と印刷した文章を対比させている。インスタレーションの写真は、和装本の内側に「隠しトラック」として目立たないように印刷されている。

Ur-Geräusch (Primal Sound) is the title of an essay by Rainer Maria Rilke, which was published in 1919 and subsequently lent its name to the exhibition by Carsten Nicolai that was mounted last year at the Kunstverein Braunschweig. In the text Rilke wrote about the phonograph, which was invented almost 140 years ago as a precursor of the record player and was the first device capable of reproducing sound. Paralleling this technical innovation, Nicolai finds visual forms for the recording and playback of sound waves. For his installation at the Kunstverein Braunschweig he had Jule Böwe narrate Rilke’s “Primal Sound”. In the artist’s book he contrasts the envelope curve ― the visualized image of her voice ― with the printed text. Pictures of his installations are tucked away as a “hidden track” on the inside of the Japanese binding.

by Carsten Nicolai

REGULAR PRICE ¥4,200

softcover
48 pages
185 x 230 mm    
black and white
2016

published by SPECTOR BOOKS