PARALLAX SYMMETRY by Carsten Nicolai

ドイツ人アーティストであり音楽家のカールステン・ニコライ (Carsten Nicolai)の作品集。作者はベルリンを拠点とし、1990年代初期からヴィジュアルアート、音楽、自然科学が相互に作用する領域で作品を作り続けてきた。電子音と光によるミニマリズムのインスタレーションやサウンドパフォーマンスを制作し、メディアに形作られた世界のシステムと構造を映し出す宇物理的な現象を提示してきた。アルヴァ・ノト(Alva Noto)という名前で音楽家としても活動し、コンテンポラリー・エレクトロ・ミュージック界を代表する有名アーティストの1人となった。documenta X(1997年)とヴェネツィア・ビエンナーレ(2001、2003年)に参加したことをきっかけに、ヴィジュアルアーティストとしての作品も世界中で展示してきた。 デュッセルドルフのギャラリー「K21」で、このアーティストでありミュージシャンでもある人物に捧げた概説的な展覧会が2019年秋に開催、それと同時に同ギャラリーのある広場では電子音楽のライブコンサートやパフォーマンスが行われた。本書と同タイトルである展覧会「Carsten Nicolai. Prallax Symmetry」は2019年9月28日から2020年1月19日にデュッセルドルフのK21で開催された。

Since the early 1990s, Carsten Nicolai (b. 1965, lives and works in Berlin) has worked along the interface between visual art, music, and the natural sciences. With electronic sound and light material, he generates minimalist installations, sound performances, and presentations of physical phenomenon that reflect upon the systems and structures of a mediatized world.As a musician, Nicolai has become one of the most recognized representatives of contemporary electronic music under the pseudonym Alva Noto. Since his participation in documenta X (1997) and the Venice Biennales of 2001 and 2003, he has exhibited worldwide as a visual artist. Taking place on the piazza of the K21 to accompany Nicolai’s exhibition in the lower level will be a series of electronic live concerts and performances.In autumn, the K21 will be showing a survey exhibition devoted to the artist and musician.

Text by Susanne Gaensheimer, Doris Krystof, Rainer Maria Rilke, Friedrich Kittler, Kathrin Dreckmann, Verena Meis, Linda Walther

by Carsten Nicolai

REGULAR PRICE ¥6,200

hardcover
146 pages
255 x 330 mm    
color
2019

published by SPECTOR BOOKS