PIÉMANSON by Vasantha Yogananthan

マグナムが主催する「30 UNDER 30」という、30歳以下の写真家30選にも選ばれたフランス人アーティストであり「CHOSE COMMUNE」の共同設立者でもある、ヴァサンタ・ヨガナンタン(Vasantha Yogananthan)の初作品集。本書は1970年代に何の所有権もない近隣住民によって私有化された後、今では毎年ヨーロッパ各地から何千人もの人々が他の浜辺にはない自由を求めてキャンプをしに来るようになったフランス最後のワイルドビーチと言われる浜辺「PIEMASON(ピエマソン)」を舞台に、2009年から2013年の5回の夏にわたり作者がピエマンソンの住民とキャンプをしながら浜辺での日常生活を探求した作品であり、同時にピエマンソンの住民の物語である。

“Piémanson” is an exploration of daily life on the last wild beach in France. The beach’s history began in the 1970s when locals set up camp there with no rights or deeds.
Nowadays, thousands of campers from all over Europe get together every summer season, looking for a freedom that they can’t find anywhere else. Vasantha Yogananthan camped with the inhabitants of Piémanson for five summers, from 2009 to 2013. This book tells their story.

by Vasantha Yogananthan

REGULAR PRICE ¥7,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
80 pages
230 x 280 mm
color
limited edition of 650 copies
2014

shortlist of the First Book Award 2014

published by CHOSE COMMUNE