KUNSTHAUS BREGENZ by Peter Fischli

スイス人アーティスト、ペーター・フィッシュリ(Peter Fischli)の作品集。オーストリアの「Kunsthaus Bregenz(ブレゲンツ美術館)」で開催された展覧会に伴い刊行された。何が本物で何がレプリカなのか、また何が明確であり何が隠されているのか。そんな疑問を、彫刻、映像、写真、インスタレーションなど様々なメディアを用いて解剖し、本物と偽物のイメージの本質を探り、慣れ親しんだものを不自然なまでに軽々と使いこなし、そして遠ざけてしまう。本書では、様々な作家による一連の作品に関連したエッセイを掲載。トーマス・D・トルマー(Thomas D. Trummer)は、特に展覧会のコンセプトに焦点を当て作者のユーモア溢れる制作方法を解説。また、本書のデザインは作者自身が手がけている。

Questions of what is real and what is a replica, what is explicit and what remains concealed, which Peter Fischli dissects in various media: sculpture, video, photography, and installation probe the essence of the authentic and counterfeit image, laconically appropriating the familiar and alienating it. The exhibition catalogue assembles essays by various authors addressing all the series of works, Thomas D. Trummer expounds on Fischli's invariably humorous way of working, focusing in particular on his concept for the exhibition at Kunsthaus Bregenz. The publication is designed as an artist's book by Peter Fischli himself.

by Peter Fischli

REGULAR PRICE $48.00

softcover
464 pages
200 x 233 mm
color
2020

published by WALTHER KÖNIG