OATH AGAINST MINIMALISM by Sung Tieu

ベルリンとロンドンを拠点として活動するベトナム人アーティスト、ソン・テウ(Sung Tieu)の作品集。本書は、メディアを横断して作品を制作する作者の制作物をまとめたものであり、不可思議ながらも没入感のある空間的状況を生み出す立体作品や、サウンド・インスタレーションが収録されている。豊かで美しい図版とともに、美術史家やキュレーターによる4本のエッセイによって作者の活動を広範囲にわたって紹介し、政治の力学構造、グローバル資本主義、音の心理的効果、そして冷戦の遺産などを背景に制作された作品について深い洞察を与えるものとなっている。本書は作者にとって初となる美術館での展覧会、「Zugzwang」(2020年/ハウス・デア・クンスト)と「In Cold Print」(2020年/ノッティンガム・コンテンポラリー)の開催に伴い刊行された。

Oath against Minimalism documents the multifaceted work of the up-and-coming artist Sung Tieu, whose sculptural and sound installations engender uncanny and immersive spatial situations. Lavishly illustrated and containing four essays by international art historians and curators, as well as an interview with the artist, this wide-ranging publication provides a comprehensive insight into Tieus practice; placing her work against the backdrop of bureaucratic power structures, global capitalism, the psychological effects of sound, and the legacies of the Cold War. This monograph is published on the occasion of Tieu´s first institutional exhibitions: Zugzwang (2020) at Haus der Kunst in Munich and In Cold Print (2020) at Nottingham Contemporary.

by Sung Tieu

REGULAR PRICE ¥5,000

softcover
164 pages
220 x 290 mm
color, black and white
2020

published by SPECTOR BOOKS