NATURE MORTE 1983-1985 by Manfred Paul

ドイツ人フォトグラファー、マンフレッド・ポール(Manfred Paul)の作品集。ドイツ民主共和国(通称東ドイツ)がまだ存在していた頃に制作された、作者の静物写真のシリーズ。ここに収められている写真は、静物写真で一般的にみられる記号性を超え、二重に時を止めることで表現している。魚、木の葉や枝が湖の底で凍り付き、初雪が降る前から透明な氷の中に硬く閉じ込められている様子に似ている。静物、言い換えれば時間のない生は、ものとしての写真が時間の経過によってぼろぼろになるまでは停止したままとなっている。ここに写っているものは、どう見ても無頓着に見捨てられている。ガラスの花瓶に入りしおれたチューリップの花束は永遠の美を湛えている。その鋭さを携えたモノクロ画像は、咲き誇る花のはかなさとその代替性と比べても、痛々しくもどうしようもないほどに魅力的である。救いようのない疎外の中で、やがて必然的に我々が心に描く人間の存在に対する祈りのイメージとなるのである。

This series of still-life photographs by Manfred Paul was produced while the GDR still existed. As photographs, they go beyond the general symbols of still life; they are time doubly frozen: just as fish, leaves, and branches become frozen at the bottom of a lake, petrified in clear ice before the first snowfall, so the still life ― a life without time ― remains suspended, for as long as the picture’s materiality can withstand the ravages of time. Things are abandoned, with apparent carelessness ― a bunch of tulips in a glass vase wilts in infinite beauty, their black-and-white sharpness emitting an almost painful appeal against the transience and replaceability of the blooms. In their irredeemable alienation they inevitably become a devotional mental image of human existence.

by Manfred Paul

REGULAR PRICE ¥5,500

hardcover
72 pages
245 x 315 mm    
black and white
2016

published by SPECTOR BOOKS