EN PASSANT 1986-1990 by Manfred Paul

ドイツ人フォトグラファー、マンフレッド・ポール(Manfred Paul)の作品集。作者は作家主義の写真の唱道者の一人であり、教師として何世代もの写真家やデザイナーを開眼させてきた。本作『En passant』は1986年から1990年に東ベルリンで「ついでに」制作された。女性の脚を写したモノクロ写真は、ぎりぎりまでクロップされているため女性の腰から下、時にはひざから下しか見えない。エレガントで、時には色っぽささえ感じさせるイメージを見ていると、被写体の女性たちについて空想を膨らませずにはいられない。これらのイメージは、ニュービジョン運動のアーティストたちが100年も昔に発展させたものと同様の厳密な「写真的な言語」を追っているが、本シリーズが1980年代の東ベルリンで撮られたものであることは明らかである。このことは、割れた玉石の歩道、比較的目が粗く薄いストッキング、この時期に特徴的な靴のスタイルといった細かなディテールによって示されている。

Manfred Paul is one of the main exponents of ”auteur photography,” and as a teacher he opened the eyes of several generations of photographers and designers. The work ”En passant” was created ”in passing” in the period from 1986 to 1990 in East Berlin. It consists of severely cropped black-and-white pictures of women’s legs, which only reveal the lower half of the person portrayed: from the waist down, and sometimes only from the knee. They are all elegant, at times even glamorous, which leads us to indulge in further speculation about the women. The images observe a strict photographic language, as developed by the artists of the Neues Sehen movement a hundred years ago. However, Paul’s series can be clearly dated to the East Berlin of the 1980s ― this is indicated by small details, such as broken cobblestone surfaces, sheer tights with a relatively coarse weave, or a characteristic style of shoe typical of that period.

by Manfred Paul

REGULAR PRICE ¥5,500

hardcover
72 pages
245 x 315 mm
black and white
2015

published by SPECTOR BOOKS