NATUR by Michael Schmidt

2005年に東京国立近代美術館で開催された「ドイツ写真の現在」でトーマス・デマンドやアンドレアス・グルスキーらと共に作品が紹介されたドイツ人フォトグラファー、ミヒャエル・シュミット(Michael Schmidt)の作品集。本書は1987年から1997年の間にドイツで撮影されたモノクロームのランドスケープ作品で構成され、鑑賞者の主観的な認識を排除し中和させるモノクロ写真の抽象性を編集プロセスに取り込むことで、自己完結型の世界観を成形し、自身の表現を脱構築する内容となっている。1945年ベルリン生まれのシュミットは、国際的なフォトアワード「Prix Pictet 2014」のグランプリを受賞した数日後にあたる2014年5月24日に逝去。本書も同じく逝去する数日前から印刷が開始され、作者が生前に携わった最後の作品集となった。

レビュー:増田 玲(東京国立近代美術館主任研究員)

In a series of black and white images of the German landscape made between 1987 and 1997, Michael Schmidt has forged a new pictorial language to deconstruct the world he observes. Concerned with light and form, Schmidt’s images contain a wealth of silver tones, a spectrum of rich greys which evolve from light to dark in mystical, imperceptible gradients. But the black and white filter is also a tool that allows Schmidt to neutralise the world, impeding the subjective perception of his viewer. It is through his editorial process, a process of montage, that Schmidt constructs an interior dialect, fashioning a self-contained world within the linear sequence of the book.

REVIEW:NATUR by Rei Masuda(Curator of Photography, MOMAT)

by Michael Schmidt

REGULAR PRICE ¥6,750

hardcover
104 pages
179 x 239 mm
black and white
2014

published by MACK