LIGHTNING TREE by Taiyo Onorato & Nico Krebs

スイス人アーティスト・デュオ、タイヨ・オノラト & ニコ・クレブス(Taiyo Onorato & Nico Krebs)の作品集。ある日自身の蓄積してきた記録(作品)を振り返った際にまるで森の中をみているようであったことから構想されまとめられた一冊。木々は自然が創った壮大な美とカオスの象徴であり、歴史や記憶、過去や未来などと繋がっていると解釈し、それはまさに彼らが作品制作において主題としてきたことを意味している。アメリカ・ワシントンパークで開催されている「FOTOFOCUS Biennial 2014」のプログラムとして、Contemporary Art Center(現代美術センター)での展示「THE ONE-EYED THIEF」に際して発行された。 

Published on the occasion of the The One-Eyed Thief at the Contemporary Arts Center Cincinnati.,September 12, 2014 - February 22, 2015, as part of the FOTOFOCUS Biennial 2014, Cincinnati.

'Trees are nature's grand manifestation of beauty and true chaos. Everything is connected to trees, history memory, past and future. One day we started looking into our archive like looking into a forest. This publication is one tree in this forest. The tree that was singled out and struck by lightning.' - Taiyo Onorato & Nico Krebs

by Taiyo Onorato & Nico Krebs

REGULAR PRICE ¥5,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

softcover
48 pages
297 x 420 mm
color, black and white
2014

published by SELF PUBLISHING