FUTURE MEMORIES by Taiyo Onorato & Nico Krebs

スイス人アーティスト・デュオ、タイヨ・オノラト & ニコ・クレブス(Taiyo Onorato & Nico Krebs)の作品集。2人がスイスの出版社「Edition Patrick Frey」と手掛ける写真集シリーズ「FUTURE」の第一弾。

本プロジェクトは、コンテンツに基づく計画やスケジュールは特に定めずに、一連の作品の様々なチャンプターを今後数年間に渡って継続的に出版していくというもので、今起きている出来事や感じたことに即座に反応し、出来た作品をすぐに世に出すことを目指している。

FUTURE」シリーズ第一弾となる本書は、この数十年間で我々の思い描く未来がどのように変化したのか、このことが我々の現在の捉え方や近い未来に起きるはずの変化に対する反応にどのように影響しているのかを探求する。2人は、未来へのビジョンや未来予想図というものはどうしても過去から拾ってきたイメージのコラージュになってしまうという事実を、アーカイブ資料を基に作成したイメージによって示してみせた。

大判のアナログ写真とデジタルで制御された様々なレーザー技術を組み合わせ、SFを思わせるヴィジュアルを作り出し、自分たちが子供時代に抱いていた楽観主義と今の時代のディストピア的な世界観の間を揺れ動く感情の世界をイメージによる連想を通じて表現した。

記事:Taiyo Onorato & Nico Krebs / FUTURE MEMORIES(IMAGRAPHY / IMA ONLINE)

FUTURE is a series of five or six publications by Taiyo Onorato & Nico Krebs to be published by Edition Patrick Frey over the next few years. The various chapters in the series will be published on an ongoing basis, though not according to any content-based planning or timetable. The idea is to react promptly to current events and sensibilities and publish the results swiftly too.

The first installment of the FUTURE series, entitled FUTURE MEMORIES, explores how our conceptions of the future have changed over the past few decades, how that affects our take on the present and our reactions to changes that lie ahead. Re-created by Taiyo Onorato & Nico Krebs for the most part out of archival material, the pictures in this book constitute a material exploration of the fact that every vision or illustration of the future is bound to be a collage of images drawn from the past.

Using a combination of large-format analog photography and various digitally controlled laser technologies, the artists have created a visual world that makes sci-fi allusions and takes an associative approach to an emotional world that swings back and forth between the optimism of the artists’ childhood and the dystopianism of the present day and age.

by Taiyo Onorato & Nico Krebs

REGULAR PRICE ¥6,000

softcover
72 pages
220 x 280 mm
color
2021

published by EDITION PATRICK FREY