LDN2 by Antony Cairns

ロンドンのイーストエンドに生まれた写真家、アントニー・ケアンズ(Antony Cairns)は、15歳の頃から写真を撮り続けている。彼が生まれ、自ら“故郷”と呼ぶその大都市は常に彼の創作のテーマの中心にあった。印刷分野に特化した大学「London College of Printing (現 London College of Communication) 」で学んだ彼の写真技術は極めて伝統的な薬剤ベースのものであり、現在でも白黒のフィルム写真に拘って撮影し、自ら現像やプリントの処理も行う。時にはその不完全さや奇妙さに魅了されることから、すでに忘れ去られたような手法や実験的手法をも用いる。 透過性フィルム上にイメージを投射しそれをアルミニウムにマウントすることで、ケアンズはフィルムとプリントを無数の薬剤反応にさらし、それが露光過度や水の滴るようなカーテンの向こう側できらめき脈動するがごとく、注がれては滴り落ちていく金属的なイメージを形成する。本書は2010年に手製本として出版された「LDN」をAMC BOOKSによって新たにデザインされ完全に生まれ変わったセカンドエディションである。クラロペーパーを大判サイズで採用したこの新たなエディション は、見るものを過去が明滅する不可思議な都市の深夜の冒険へと誘う。

This is a second, updated and completely reformatted edition of Antony Cairns’s (originally handmade) 2010 book LDN. In this new edition the large 25 x 34cm pages and fine 170 gsm Claro paper draw the viewer into a late-night expedition across a mysterious city of tilted landscapes that flicker past like reflections in the windows of a moving train or car. This is a London whose inhabitants are only hinted at, a London of glaring subterranean lights and inhospitable buildings of indecipherable purpose. The images form an architectural frieze that is tantalisingly familiar yet hard to pinpoint for those who know the city, with an edge that will be recognised by anyone who has experienced the latent tension that permeates the streets in the hours before dawn. A selection of 60 metal prints from the LDN series was exhibited at Les Rencontres D’Arles 2013, and will be on show in the Atelier de Chaudronnerie, Parc des Ateliers, Arles until 1st September 2013.

by Antony Cairns

REGULAR PRICE ¥11,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

softcover
96 pages
250 x 340 mm
black and white
2013

published by AMC (ARCHIVE OF MODERN CONFLICT)