KAMALA HOUSE by BV Doshi, Quentin de Briey

インド人建築家、バルクリシュナ・ドーシ(BV Doshi)の作品集。

ショーダン邸とサラバイ邸でコルビジェと一緒に仕事をしたことから、これらの建物の流れるような空間、自然に反射する光の質、変化に富んだ量感、そして自然とのつながりが心に浮かびました。コルビジェがこう言っていたのを覚えています。『私の精神に従いなさい。でも自分なりに進化しなさい。例えそれが間違いだとしても、学ぶにはそれ以上に良い方法はありません』と。
— バルクリシュナ・ドーシ(BV Doshi)

インテリア雑誌「apartamento」が敬愛する建築家と彼らの建てた邸宅、その裏にあるストーリーに焦点を当てるシリーズ第三弾。1940年代に建築学を修めるためにイギリスに渡り、その後パリでル・コルビジェの下で学んだ作者は、1950年代初期に独立したばかりのインドに帰国した。そこで建築事務所「サンガト」を開設し、ヒューマニズムを追求するユニークなスタイルで注目を集めた。公共・教育施設から低所得者住宅、家族のために1963年に建てた「カマラ・ハウス」まで、そのプロジェクトは多岐にわたる。妻の名を取って名付けられた自宅「カマラ・ハウス」には、この50年間、1家3世代が暮らしてきた。2018年には、建築界のノーベル賞と呼ばれる「プリツカー賞」を受賞。本書に収められた写真は、NYを拠点とするベルギー人フォトグラファー、クエンティン・デ・ブリエ(Quentin de Briey)が手がけている。

‘Having worked with Le Corbusier on Villa Shodhan and Villa Sarabhai, the images of their flowing spaces, quality of naturally reflected light, varied volumes, and their connection to nature passed through my mind. I remembered Le Corbusier’s words: “Follow my spirit, but evolve in your own way, even if it is wrong. There is no better way to learn”’. —BV Doshi

Kamala House, BV Doshi is the third book in a series devoted to some of our favourite architects, the houses they build, and the stories behind them. After travelling to England in the ‘40s to complete his studies in architecture, and working under Le Corbusier in Paris, Doshi returned to a newly independent India in the early ‘50s. He founded his practice, Sangath, and struck out on his own intensely humanistic path, with projects ranging from civic and educational institutions to low-income housing projects—and the home he built for his own family in 1963: Kamala House, named after his wife, and home to three generations of family over the past 50 years. In 2018 Doshi was awarded the coveted Pritzker Architecture Prize. Original photography by Quentin de Briey & archival imagery from the architect. Texts by BV Doshi & Durga Chew-Bose.

by BV Doshi , Quentin de Briey

REGULAR PRICE ¥5,000

hardcover
80 pages
170 x 240 mm
color
2019

published by APARTAMENTO