I WILL BE WOLF by Bertien van Manen

オランダ人フォトグラファー、ベルティアン・ファン・マネン(Bertien van Manen)の作品集。本書は、作者が1975年に過ごしたハンガリー・ブダペストでの日々の生活を捉えたモノクロ写真の作品シリーズを、イギリス人フォトグラファーのスティーブン・ギル(Stephen Gill)がセレクト、編集を行い制作。作者は通勤する人々や食料品店の店員、薬剤師、カフェ店員、露天の物売りなど、その時代に生きる人を特徴づける全てを撮影し、グローバリゼーションの波がハンガリーという国に侵食する以前の状況を写し出している。相反する感情を同時に内包するような懐かしさ、そんな雰囲気が染み込んだ本書のタイトルには、ハンガリーの詩人ヨーゼフ・アッティラ(József Attila)の詩『Grief』の一節が引用されている。

In December 1975 Dutch photographer Bertien van Manen made a series of black-and-white photographs capturing daily life in metropolitan Hungary. I will be Wolf brings together many of these beautiful and never-before-seen images with the editorial direction of renowned British photographer Stephen Gill. Her snapshots of commuters, grocers, chemists, café workers, and street vendors contain all the hallmarks of a bygone era, before the grip of globalisation was able to make its mark on the country. Imbued with an air of ambivalent nostalgia, the book takes its title from the poem Grief by the 20th century Hungarian poet József Attila.

by Bertien van Manen

REGULAR PRICE ¥5,250

hardcover
112 pages
238 x 215 mm
black and white
2017

published by MACK