I AM NOT I by Boris Mikhailov

ウクライナ人フォトグラファー、ボリス・ミハイロフ(Boris Mikhailov)がソビエト連邦崩壊時に撮影したセルフ・ポートレイト作品集。当時、ソビエトのプロパガンダに適さない写真を撮ったという理由で一度逮捕されているが、古いシステムが崩れ新たなシステムに置き換えられる中で、作者は一国の素顔を異なる光の下で捉えることができるようになった。ソビエト連邦という死にゆくパラダイムを擬人化し表現したのである。雄大なポーズを取りながら目に性具をはめ込み、かつらを被って浣腸される国「ボリス(=旧ソビエト連邦)」は、崩れゆくシステムの滑稽な擬人化、腐敗という寓話、インフレ、経済崩壊を表している。

「人を批判するのならまずは自分から、と考えた。[...]いつも見慣れた自分とは違う顔が突然現れる。お前ではない、これは『顔』だ。さらに言えば、わたしが最初に自分自身を撮ったとき、ロシア人男性というイデオロギーとして知られる顔とは違うものを見た。その男は『intelligentik』(労働者ではなくインテリジェンスであり、ソ連内では信用されない者を意味する)だった。[...] 他人を撮影しているのならば、私は一体何者だ?」

本作は、作者のアイコン的シリーズから33点で構成され、テートモダン美術館フォトグラフィー部門のシニアキュレーターであるサイモン・ベイカーのテキストが収録されている。 

These self portraits where done as the Soviet Union crumbled. Boris had once been arrested during the Soviet era for making "pictures ... which did not fit into Soviet propaganda." With the collapse of one system and its replacement with another - Boris was now able to portray a nation's face in a different light. Enter 'Boris' - the personification of a dying paradigm - the Soviet Union. Grandiose postures albeit with dildo in eye, a nation getting an enema, wearing a wig - a farcical anthropomorphism of a collapsing system, an allegory of corruption, inflation, economic collapse etc.

'I thought, if you criticize someone, start with yourself. ... All of a sudden, you see a face that is different from a face that you see every day. This is not you. This is a face. Moreover, when I first took photos of myself, I saw a face that was different than the one known from the ideology of the Russian man. This man was an intelligentik (an intellectual, not a worker, who is not to be trusted in the Soviet Union) ... I am photographing the other, but who am I?'

I Am Not I brings together 33 tritone images from Boris Mikhailov's iconic series and includes a text by Senior Tate Curator of Photography Simon Baker.

by Boris Mikhailov

REGULAR PRICE ¥7,200
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
64 pages
240 x 330 mm
black and white
limited edition of 500 copies
2016

published by MÖREL