HOW TO HUNT by Trine Søndergaard & Nicolai Howalt

デンマーク人ヴィジュアルアーティスト、トリーネ・ゾンダーガード(Trine Søndergaard)とニコライ・ホワルト(Nicolai Howalt)の作品集。本書は、狩猟をテーマにした探求をまとめた一冊。長期にわたるこのコラボレーションで二人は、デンマークで毎年秋と冬に行われる狩猟に参加し、カメラのレンズを通して狩猟という古くからの儀式を解釈している。かつて狩猟は人間の本能と生存のための行為であったが、今日では「良い生活」という特権的な認識の中に組み込まれたもものとされている。本作『How to Hunt』は、動物、人間、自然の関係を調査し、美術史の千年にわたる狩猟のシナリオに関する解釈を現代風に再編成している。本シリーズは、古典的で実存的なテーマを探求すると同時に、ドキュメンタリーとアートの間に透過性のある境界線を作るために、新しい写真の創造的な可能性を展開している。

How to Hunt (2005–10) is a series of evocative photographic studies on the theme of hunting by the Danish artists Trine Søndergaard (*1972) and Nicolai Howalt (*1970). In this long-term artistic collaboration, Søndergaard and Howalt joined annual fall and winter hunts in Denmark and interpreted the age-old ritual of hunting through the lens of the camera. In the past, hunting was an act of human instinct and survival, whereas today the phenomenon is more embedded in perceptions of a privileged “good life.” How to Hunt investigates the relationship between animals, people and nature in a contemporary take on art history’s millennium-long interpretation of the hunting scenario. The series explores a classical and existential theme, at the same time deploying the creative potential of new photography to create a permeable boundary between documentary and art.

by Nicolai Howalt , Trine Søndergaard

REGULAR PRICE ¥12,000

hardcover 
116 pages
340 x 300 mm
color
2010

published by HATJE CANTZ