FOREVER by Anthony Hernandez 

1970年代、ルイス・ボルツ(Lewis Baltz)などと並んでアメリカの新世代フォトグラファーとして注目を浴びたアメリカ人フォトグラファー、アンソニー・ヘルナンデス(Anthony Hernandez)の作品集。本作は、ロサンゼルスのダウンタウンや、貧困地区であるコンプトン、ワッツ、サウス・セントラルで2007年から2012年の間に撮影された写真を収録。ホームレスの視点から見たイメージを通じ、移動を続けるホームレスの足跡を追いかけている。ここで作家が捉えたのは、一脚の椅子やベッドといったモノの痕跡ではなく、ストリートそのものが目撃していたかもしれない風景である。タイトルは、1996年にハノーバーのシュプレンゲル美術館で展示された「Landscapes for the Homeless」展のエピソードに由来。展覧会のカタログには、作者とルイス・ボルツの対談「Forever Homeless: A Dialogue」が収録されており、実際にこのタイトルを決めたのはルイス・ボルツであった。作者はその背景にある意図をこう語る。

「制作から15年になりますが、これを書いている間にも、ロサンゼルスのホームレス人口は増加の一途をたどっています。だからこそ、このタイトルが大きな意味を持つ。理論的には、このテーマをどこまでも追いかけ、このような写真を撮り続けることができてしまうのですから。いつまでもね(forever)。」

Forever
comprises photographs taken in the downtown area of Los Angeles and the poorer neighbourhoods of Compton, Watts and South Central, made between 2007–2012. The work traces the movements of the homeless, in images which take up the point of view of the homeless person. So, rather than photographing the material trace – a chair or bed – Hernandez photographs what might be might seen and observed from the street itself. The title was drawn from a previous work Landscapes for the Homeless (1996), exhibited at the Sprengel Museum in Hanover. The catalogue included a conversation between Hernandez and Lewis Baltz titled Forever Homeless: A Dialogue. It was Baltz who chose the title, and Hernandez speaks of its prevailing significance, “The title is very important because, as I write this, fifteen years on, the homeless population of Los Angeles has only increased; I could technically keep photographing this subject, making these kinds of pictures, forever.

by Anthony Hernandez

REGULAR PRICE ¥6,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
108 pages
245 x 245 mm
color
2017

published by MACK