FEELING WITH FINGERS THAT SEE by Stuart Whipps

イギリス人アーティストのスチュアート・ウィップス(Stuart Whipps)の初作品集。本作は、理解やコントロールができないことに関する研究をする作者が、分類 / 理解 / コントロールしようとする人間の衝動的な行動について広範囲にわたりリサーチをしたシリーズから抜粋。17世紀に名を馳せたイギリスの建築家、数学者、天文学者であったクリストファー・レン卿が当時草分け的に提唱した初期の手話の反復法について継続的に研究している作品「クリストファー・レン卿の幽霊と対話するためのシステム(A System for Communicating With The Ghost of Sir Christopher Wren)」をもとにしている。作家は、墓石の向こうの亡きクリストファー・レン卿と対話を行い、リサーチを通じて発見したメッセ-ジを広めるために、写真やインスタレーション、ビデオ、パフォーマンスの中でも手話を用いている。

Feeling with fingers that see by Stuart Whipps is the first in a series of books derived from the artists’ wide-ranging body of research into the human impulse to categories, control and understand the world. The book’s origins are in an ongoing artwork by Whipps, A System for Communicating With The Ghost of Sir Christopher Wren, in which the artist explores an early iteration of sign language, pioneered in the seventeenth century by the architect and polymath Sir Christopher Wren. Whipps uses the system within photographs, installation, video and performance to both communicate with Wren from beyond the grave, and to disseminate pertinent messages discovered during his research.

by Stuart Whipps

REGULAR PRICE ¥2,650
国内送料無料

softcover
52 pages
210 x 270 mm
color
limited edition of 300 copies
2017

published by LOOSE JOINTS