EX NIHILO by Daniel Shea & OK-RM

イギリスを拠点とするデザインユニット「OK-RM」と、アメリカ人フォトグラファー 、ダニエル・シェア(Daniel Shea)によるコラボレーションプロジェクトから派生した作品集。『Ex Nihilo』とはラテン語で「Out of Nothing(何もない)」を意味する。ファッションブランド「1017-ALYX-9SM」から依頼を受けてスタートした本企画は、革新的な制作プロセスと多様性のあるアウトプットを徹底的に追求し、さまざまなモノが「何もない 」ところから現れているかのように見える謎を解き明かすフィクションとして制作されている。シェアは「1017-ALYX-9SM」が作る服の原材料である天然素材が、どのようにして構造を生み出していくかを写真に納めたものを「OK-RM」が自身の出版社「InOtherWords」の刊行物として制作。オフセット・リトグラフ印刷技術による重ね刷りを用いることで自由で有機的なイメージを描き出し、また中綴じ製本をあえて逆側に折り返すことで直線的であった物語を始まりも終わりもないようなストーリーへと書き換えている。フォルダの中に冊子と6枚のポスターが同梱されたデザインアプローチからは、本というフォーマットを使ったインスタレーションのように仕上がっている。2019年1月に行われたパリでのメンズコレクションでは、スタイリングの一部としてモデルたちが同書を手にランウェイを歩いた。

記事:ダニエル・シェアインタヴュー
大都市の表層が持つ一瞬の美しさとアイロニー(IMA ONLINE)

記事:「ブック・ケース・スタディ」
Vol.41 デザイナーデュオOK-RMが一冊に収めた、ダニエル・シェアが撮る多層的な世界。(Pen Online)

Ex Nihilo is a collaboration between artist Daniel Shea and OK-RM. It is a work documenting material products, exploring transformative processes and their manifold outcomes. It is a work of fiction, exposing the mysteries of how matter and being appear to emerge from nothing. At times, these artefacts have been formed by a geological aeon. Elsewhere, they are the work of a single person in one day. A landscape has the presence of a built form, while a building is presented with the factual quality of a monolith. The project transcends time, space and scale. It appears in many forms, including a book and an edition, a series of installations and a capsule collection. The edition comprises a series of printed objects (a book, a set of six posters and a signature of plates) in a high-gloss folder secured with a rubber band. Each of the objects explore distinct formats, materiality and print techniques.

by Daniel Shea , OK-RM

REGULAR PRICE ¥8,800

2 softcover and 6 posters in a folder
140 pages + 16 pages
book: 230 x 298 mm / 120 x 238 mm
poster: 563 x 419 mm (french fold)
color, black and white
limited edition of 1,000 copies
2019

published by IN OTHER WORDS