CLAUDE & LILLY by Vincen Beeckman

ベルギー人フォトグラファー、ヴィンセン・ベックマン(Vincen Beeckman)の作品集。「私がリリーに初めて出会ったのは、ブリュッセルの移動遊園地、ミディ・フェアで働いていた時でした。」リリアン・マースのパートナーだったクロード・ヴァン・ヘイレンはリリアンとの出会いについて話す。「彼女に会ったのは1995年の7月14日。店の主人が私に、『クロード、あの彼氏に殴られている女性を連れていってくれないか』と言われたので、私はイエスと答えたのが始まりです。私は彼女のために仕事も辞めました。彼女と一緒に出て行って、それから長い間、23年間一緒にいました。」リリーは2018年6月6日に亡くなったが、クロードは最期まで彼女の側にいた。クロードとリリーのロマンスは作者の写真の中に永久に息づいている。愛やその愛情が伝わってくるちょっとしたしぐさのシークエンス、触れ合い、抱擁やキスを交わし、共に過ごした時間を捉えている。

I met Lilly when I was working at the Foire du Midi fair in Brussels,” says Claude van Halen of his late partner, Liliane Maes. “I met her on the 14th of July 1995. The boss of a bar asked me, « Claude do you want to go with her because her man is beating her? » I said yes. I even left my job for her. I went with her and and we stayed together for so long, for 23 years.” Lilly passed away on 6th June 2018, Claude by her side till the end. The romance between them is kept alive through Vincen Beeckman’s pictures of Claude and Lilly. They are pictures of love, small sequences of affection, of touching, holding, kissing and being together in each other’s company.

by Vincen Beeckman

REGULAR PRICE ¥3,600

softcover
36 pages
127 x 216 mm
color
limited edition of 500 copies
2019

published by ART PAPER EDITIONS