BIRDS OF A FEATHER by OpStap, Vincen Beeckman, Colin Pantall, Lien Van Leemput

ベルギー人フォトグラファー、ヴィンセン・ベックマン(Vincen Beeckman)、イギリスを拠点に活動する作家、評論家でありフォトグラファーのコリン・パンタル(Colin Pantall)、ベルギーを拠点に活動するグラフィックデザイナー、作家のリアン・ファン・レンプート(Lien Van Leemput)による作品集。本書は薬物依存症となった人々や、その治療を行っている人々を支援する団体「OpStap」との共同プロジェクトにより制作され、ベックマンとレンプートが主催するワークショップがきっかけとなり企画がスタートした。2人は「OpStap」の人々と交流し、殊にベックマンは毎週開催されている野外活動にも参加した。そこでは夢や記憶、日々の悩みに関する質問が投げかけられ、対話を繰り返した。パンタルはモデレーターとなってインタビューを行い、出版の目的や、文章と画像の両方を用いてどのように人々の姿を描くかを問い続けた。本書は、さまざまな人生の断片を集めたスクラップブックのようなものである。複雑で荒っぽく、世の中で隠されてしまいがちである正直な洞察を我々に与えてくれる一冊に仕上がっている。

BIRDS OF A FEATHER is the result of an intense collaboration between photographer Vincen Beeckman, writer and critic Colin Pantall and graphic designer and writer Lien Van Leemput. Together they worked out a project with OpStap, an organisation that helps people with drug addictions and people in recovery.

The project started with several workshops, hosted by Vincen Beeckman & Lien Van Leemput. They interacted with the people at OpStap, and Beeckman also joined them on their weekly activities outdoors. Conversations took place where questions were posed about dreams, memories and everyday concerns. Colin Pantall acted as a moderator, who led several interviews and questioned the goal of the publication, and the way in which people were portrayed, both through text as through image.

BIRDS OF A FEATHER feels as a scrapbook that contains bits and pieces of different lives. It gives an honest insight into a complicated, rough and often hidden world.

by Colin Pantall , Lien Van Leemput , OpStap , Vincen Beeckman

REGULAR PRICE $36.00

softcover
200 pages
210 x 297 mm
color
limited edition of 1,000 copies
2021

published by ART PAPER EDITIONS