CHOLI CHOLIE by Walter Pfeiffer & ECAL

スイスのローザンヌ美術大学(ECAL)が、スイス人フォトグラファーのヴァルター・ファイファー(Walter Pfeiffer)を講師に迎えて2014秋から2015年春と2回に分けて開催されたワークショップ・プログラムの成果をまとめた写真集。ファイファーは、ワークショップに参加したECALの大学院生たちに技術的なレクチャーよりも、むしろ美しさの概念について意見交換をし、撮影から編集までのイメージを作り上げるプロセスや仕事に対する彼自身の哲学を教えた。タイトル「Choli Cholie(意味:とてもいいね!)」には、ファイファーが繰り返し生徒達に述べた様々な批評コメントに対する引喩であり、このタイトルの裏には何千枚ものボツになった写真が存在する。生徒によって撮影されたそれぞれの作品は、この世界的フォトグラファー、ヴァルター・ファイファーへの言及と賛辞がこめられているのと同時に、直感的、本能的、分類し難い魅力を持ち、精神的な部分だけでない「若々しさ」へのアンセム(讃歌)となっている。

Instinctive, spontaneous and unclassifiable, Walter Pfeiffer's images are an anthem to youthfulness, and not only that of the mind. This may explain why, in spite of a monopolizing international success, he accepted ECAL's invitation to run the 2014/15 Workshop, and enjoyed sharing his experience with the emerging photographers of the Lausanne school. , Rather than teaching a technical class, he initiated a series of exchanges on the notions of aesthetics, exposing his philosophy of the trade and sharing a protocol of the image production (from shooting to editing). Walter Pfeiffer invited students to take hold of his world without ever imposing a specific goal. Collected under the title Choli Cholie – an allusion to a recurring remark by the artist–, the images produced by the students are at once a reference and a tribute to the work of the famous photographer.

by Walter Pfeiffer

REGULAR PRICE ¥3,900
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

softcover
78 pages
220 x 310 mm
color, black and white
2015