CARNIVAL by Mark Steinmetz

アメリカ人フォトグラファー、マーク・シュタインメッツ(Mark Steinmetz)の作品集。1982年から2001年までアメリカ全土を旅し、カントリーフェアや都会のストリートフェア、小さなサーカスなどを訪れた。家族や十代の若者達、カーニバルで働く人々を撮影した写真には、カーニバルの日を楽しみにする雰囲気や熱狂的なエナジーが余すところなく写し出されている。

こうしたお祭りには、日常から遠く離れたところへ連れていってくれる何かを求めてありとあらゆる類の人が訪れる。皆、移動遊園地の乗り物やいろいろなゲームに興じ、興奮と騒音が渦巻く中で、私はほとんど誰にも気づかれずに周囲に溶け込み、人々のジェスチャーや表情を撮ることができたのです。」-マーク・シュタインメッツ

From 1982-2001 the American photographer Mark Steinmetz travelled to country fairs, urban street carnivals, and small circuses across the United States, to make photographs of the families, teens and carnies that contain all the warmth and frenetic energy of a day at the Carnival.

People from all walks of life go to the fair seeking something to transport them from the everyday. Amid the excitement and sounds of the rides and games, I could slip by largely unnoticed and capture gestures and faces.” - Mark Steinmetz

by Mark Steinmetz

REGULAR PRICE ¥8,800

softcover
128 pages
300 x 240 mm
black and white
2019

published by STANLEY/BARKER