APARTAMENTO ISSUE #26 Autumn/Winter 2020-21

スペイン発、2008年に創刊した年二回刊行のインテリア雑誌『Apartamento』。第26号は、イギリスのメンズウェアブランドのマーティン・ローズ(Martine Rose)、イタリア人物理学者のカルロ・ロヴェッリ(Carlo Rovelli)、オランダの建築家の アンネ・ホルトロップ(Anne Holtrop)、アメリカ人アーティストのジェームズ・ワインズ(James Wines)、ストックホルムを拠点とする音楽家のカリ・マローン(Kali Malone)、フランス人イラストレーターのベルナデット・デスプレ(Bernadette Després)、韓国人ペインターのパク・ソボ(Park Seo-Bo)、アメリカ人作家のオテッサ・モシュフェグ (Ottessa Moshfegh)、イタリア人建築家のアンドレア・ブランジ(Andrea Branzi)、スイス人アーティストのオリヴィエ・モセ(Olivier Mosset)、ドイツ人アーティストのトーマス・デマンド(Thomas Demand)などを特集する他、俳優のウィル・スミス(Will Smith)のニューヨーク・レスペナードでの生活、オーストラリア先住民の国の概念についての対談や、アメリカを拠点とするアーティストのマット・コナーズ(Matt Connors)によるルイジ・ギッリ(Luigi Ghirri)のインテリアに関する記事などが掲載。

Apartamento is widely recognised as today’s most influential, inspiring, and honest interiors magazine. International, well designed, simply written, and tastefully curated since 2008, it is an indispensable resource for individuals who are passionate about the way they live. The publication is published biannually from its headquarters in Barcelona.

Featuring: Martine Rose, Carlo Rovelli, Anne Holtrop, James Wines, Kali Malone, Bernadette Després, Charles Perry, Manuel Núñez Yanowsky, Park Seo-Bo, Ottessa Moshfegh, Andrea Branzi, Olivier Mosset, Tunde Wey, and Thomas Demand.

Plus: Willi Smith’s life on Lispenard, a conversation on the Indigenous Australian concept of Country, a selection of Luigi Ghirri interiors by Matt Connors, and ‘Funny body’, a short story by Yelena Moskovich.

REGULAR PRICE ¥2,700

softcover
170 x 240 mm
color, black and white
2020

published by APARTAMENTO