ANDY WARHOL: NOW

アメリカ人アーティスト、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)の作品集。男らしさが前面に押し出されていた戦後アメリカのアートシーンに反旗を翻し、絵画、彫刻、映画の言語を再定義した、アンダーグラウンドアート界のスターであり、ポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルの人生に焦点をあてた1冊。移民一家の子供として育った死生感と宗教観、クィアな視点を掘り下げながら、現代アート史の転換点を象徴する。今も共感を呼び続けている作品を残し、成功と失敗の両方を経験した1人の芸術家の姿を浮き彫りにした。華やかなセレブリティの世界に憧れ、オルタナティブなライフスタイルを貫き通した生き方を探求した本書は、当時の時代背景の中で作品を提示することによって現代との関連性を強調している。作家のオリヴィア・ラング(Olivia Laing)の書下ろしエッセイ、アーティストのマルティーヌ・シムズ(Martine Sims)のレスポンス、作者のスタジオ兼芸術家たちのサロンであった「ファクトリー(Factory)」の元メンバーであるボブ・コラセロ(Bob Colacello)への独占インタビューを収録。芸術と政治の世界が揺れ動いていた時代背景の中で今一度作品を読み解くことによって、アンディ・ウォーホルとその作品が文化の変革期を象徴していることを分かりやすく伝えている。

As an underground art star, Andy Warhol was the antidote to the macho American postwar art scene who redefinded the language of painting, sculpture and film. This humanistic re-visioning explores his background as a child of an emigrant family, his ideas about death and religion and his queer perspective, revealing an artist who both succeeded and failed in equal measure and whose work marked a period of cultural transformation that still resonated today. Exploring Warhol´s knowing flirtation with the commercial world of celebrity alongside his advocacy of alternative lifestyles, it presents his work within the context of his time in a way that connects to contemporary concerns. Including a unique contribution from writer Olivia Laing, an artists' response from Martine Sims and an exclusive interview with former Factory insider, Bob Colacello, this book returns Warhol to the shifting creative and political landscape in which he lived, and highlights how he and his work marked a period of cultural transformation.

by Andy Warhol

REGULAR PRICE ¥6,820  (tax incl.)

softcover
224 pages
219 x 289 mm
color
2020

published by WALTHER KÖNIG