A TWENTY YEAR RETROSPECTIVE by Michael Kenna

アメリカ在住のイギリス人フォトグラファー、マイケル・ケンナ(Michael Kenna)による作品集。日本の出版社「エディシオン・トレヴィル」から1991年に刊行された同作を新たにアメリカの出版社「NAZRAELI PRESS」が復刊した一冊。初版よりも判型を大きくしオリジナルプリントに忠実なサイズで印刷。2004年に出版された『RETROSPECTIVE TWO』と対になる形で刊行された。同じく写真家であるルース・バーンハート(Ruth Bernhard)は、作者のプリントについて序文で「極めて素晴らしく魅惑的であり、スピリチュアルな体験でもあり、それは詩や音楽に似たものを持つ」と語り、作家で写真史家のピーター・C・バネル(Peter C. Bunnell)は、1974年から94年までの20年間を表現した130にも及ぶ作品を丁寧に解説しながら作者の背景やその進化を考察している。

In association with its original Japanese publisher, Treville, we are pleased to announce a new printing of Michael Kenna: A Twenty Year Retrospective. The Nazraeli Press edition features a larger format than previous editions, with high fidelity tritones printed 1:1 from original prints. It will serve as a companion book to Kenna’s Volume Two, to be published by Nazraeli Press in 2004. In her foreword, Ruth Bernhard describes Kenna’s prints as “exquisitely seductive, spiritual experiences, akin to poetry and music.” An essay by Peter C. Bunnell considers Kenna’s background and development, providing a thoughtful introduction to the 130 images that represent the twenty-year period from 1974 to 1994.

by Michael Kenna

REGULAR PRICE ¥9,750

hardcover
168 pages
305 x 330 mm
black and white
2002

THIRD EDITION

published by NAZRAELI PRESS