INTERNATIONAL LIBRARY OF FASHION RESEARCH N°1 - QUEERING FASHION

ノルウェー人ファッションエディターのエリス・バイ・オルセン(Elise By Olsen)が主宰する「INTERNATIONAL LIBRARY OF FASHION RESEARCH(ILFR)」が発行するシリーズの創刊号。

本書は、2022年にノルウェーを拠点とする「INTERNATIONAL LIBRARY OF FASHION RESEARCH(ILFR)」が主宰した野外展覧会プロジェクト「Queering Fashion」に伴い刊行された。本展はノルウェーで男性の同性愛が非犯罪化されて50周年を迎えた2022年、「Queer Culture Year 2022」と題して1年間を通じて開催された関連イベントの一つとして、「ノルウェー国立博物館(The National Museum)」と共同で開催された。アウトサイダー・アーティスト、アンダーグラウンドシーンやクィア・コミュニティの中で先進的かつ国際的に活動を行う若年層の主要人物が招待され、ファッションのクィアネス(※註)よりむしろ、ファッションを通したクィアネスの表現という概念を探究した。

「ILFR」を主宰するノルウェー人ファッションエディターのエリス・バイ・オルセン(Elise By Olsen)、スペイン出身でベルリンを拠点に活動するファッション・イメージメーカーのラング(Lengua)、デンマーク人ファッション・アートスカラーでありキュレーター、文化批評家のイェッぺ・ウゲルヴィグ(Jeppe Ugelvig)、ジャマイカ系カナダ人スタイリストのテイラー・ソーロスキ(Taylor Thoroski)、カナダを拠点に活動するスタイリスト、アートディレクターのシャハン・アサドリアン(Shahan Assadourian)などが寄稿している。また、本展のテーマに関するさらなる知的探究のための生きた情報源として、「ILFR」が常設し、推薦する関連書籍のリストも収録。

※註 英語で元々「不思議な」「風変わりな」といった意味を持つ「Queer」は90年代以降、性的マイノリティや、既存の性のカテゴリに当てはまらない人々の総称として用いられている。

Corresponding to Queer Culture Year 2022, International Library of Fashion Research is collaborating with the National Museum of Norway on an inagural outdoor exhibition project themed ‘Queering Fashion’. For this project, outsider artists and key figures from the young and progressive international underground scene and queer community, were invited to delve into concepts of queerness via fashion, if not queerness of fashion. The exhibition project is also accompanied by an extended reading list integrating the permanent collection of International Library of Fashion Research as a living source for intellectual exploration and expansion.

Contributors include Dahir Hussein, Derek McCormack, Elise By Olsen, Francesca Granata, Jeppe Ugelvig, Lengua, Matthew Linde, Shahan Assadourian and Taylor Thoroski.

by Elise By Olsen

REGULAR PRICE ¥3,300  (tax incl.)

softcover
44 pages
150 x 240 mm
color
2022

published by INTERNATIONAL LIBRARY OF FASHION RESEARCH