PARIS LIVING ROOMS by Dominique Nabokov

アメリカとフランスを拠点に活動するフォトグラファー、ドミニク・ナバコフ(Dominique Nabokov)の作品集。本作は、作者によるLIVING ROOMS」シリーズ三部作の第二弾として、アメリカの出版社「Assouline」によって2002年に初版が刊行、およそ20年ぶりに今回復刻版として「APARTAMENTO」より再版された。2021年初頭に再販された、シリーズ第一弾NEW YORK LIVING ROOMSに続く一冊。作者は本作をインテリア「ポートレイト」と呼び、132ページにわたって、イヴ・サン=ローラン(Yves Saint Laurent)、ナン・ゴールディン(Nan Goldin)、ジェラール・ドパルデュー(Gérard Depardieu)、カリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld)、イヴォン・ランベール(Yvon Lambert)、アンドレ・プットマン(Andrée Putman)などの居住空間を通じて、2000年代初頭のパリ社会における親密をも感じさせる探求の成果を見せている。何も変えず、手も加えず、作者は単純に自身の仲間たちの空間を覗き見て記録し、あとどう読み解くかは読み手に任せている。長らく絶版となっていたが、今回の復刻版には作者のポラロイド写真とともに、インテリアデザイナーの故アンドレ・プットマン(Andrée Putman)によるテキストをオリジナルのまま掲載、それらを通して見たパリという都市の歴史の一時代を蘇らせる。

NEW YORK LIVING ROOMS』、本作の再販に続き、今後は『BERLIN LIVING ROOMS』(2019, APARTAMENTO)の復刊が予定されている。

Apartamento is excited to re-release Paris Living Rooms almost two decades after it was first published in 2002. The second instalment in Dominique Nabokov’s holy trinity of interior photography works, it also follows the re-release of New York Living Rooms earlier this year. Nabokov calls these images her interior ‘portraits’ and across 132 pages we’re offered an intimate study of Parisian society from the early 2000s, with the living spaces of Yves Saint Laurent, Nan Goldin, Gérard Depardieu, Carine Roitfeld, Yvon Lambert, and Andrée Putman, plus many others, featured throughout.

With nothing added and nothing altered, Nabokov simply records these spaces for her fellow voyeurs and leaves us to decipher the rest. Long out of print, this updated edition brings back to life an era of the city’s history, seen through Nabokov’s original Polaroid photos, together with the original introduction by the late interior designer Andrée Putman. The third and final instalment in the series, set in Berlin, will be re-issued by Apartamento later in 2021.

by Dominique Nabokov

REGULAR PRICE ¥7,150  (tax incl.)

hardcover
132 pages
240 x 285 mm
color
2021

published by APARTAMENTO