STERLING RUBY by Alex Gartenfeld, Eva Respini

アメリカ人アーティスト、スターリング・ルビー(Sterling Ruby)の作品集。マイアミ現代美術館(ICA Miami)の副館長でありチーフキュレーターのアレックス・ガルテンフェルト(Alex Gartenfeld)とボストン現代美術館(ICA Boston)のチーフキュレーターのエヴァ・ラスピーニ(Eva Respini)が企画・編集を手がけている。両美術館で2019年から2020年に渡り開催された、アメリカで初めてとなるスターリング・ルビーの巡回展に伴い刊行。作者の20年に及ぶキャリアの中で生み出した代表作を集めた一冊。ニューヨーク・タイムズ紙によると、崇高な抽象絵画からアメリカの国旗で作った吸血鬼の口をモチーフとしたソフト・スカルプチャーに至るまで多様な作品で知られるスターリング・ルビーは「今世紀に登場した最も興味深いアーティストの一人」と言わしめる。本書は、アメリカのアイデンティティに対する批判を具現化したイメージに焦点を当てつつ、その作品をテーマ別に見つめる。初期のコラージュに始まり、心理学的、文化的、時事的な問題に対する独特のアプローチを紹介、最近のモビールやポリウレタンの作品も含めて、刑務所の改革、労働条件、ヴァナキュラー文化といったテーマに継続的に取り組んできたことがよくわかる構成になっている。また、小さなキャンバスや粘土で作られた作品と、潜水艦の部品を使った記念碑的な彫刻や毒々しいほど鮮やかな色で描かれた高層ビルの絵を見比べることができる一冊である。

This book presents twenty years of Sterling Ruby’s iconic, multidisciplinary works. From his sublime abstract paintings to his soft sculpture “vampires” comprising American flags, Sterling Ruby is “one of the most interesting artists to emerge in this century,” according to The New York Times. Accompanying Ruby's first US museum survey, this book takes a thematic approach to the artist’s work, focusing on his critical invocation of imagery related to American identity. Beginning with his earliest collages, this book demonstrates his distinctive approach to psychological, cultural, and topical concerns. It includes his recent mobiles and polyurethanes, demonstrating his continuous engagement with themes such as prison reform, labor conditions, and vernacular cultures. Readers can compare smaller works on canvas and in clay to monumental sculptures made from submarine parts or giant skyscrapers rendered in toxically bright colors. Exhibition Itinerary: Institute of Contemporary Art, Miami (November 7, 2019–February 2, 2020) / Institute of Contemporary Art/Boston (February 26–May 17, 2020)

by Alex Gartenfeld , Eva Respini , Sterling Ruby

REGULAR PRICE ¥5,200

softcover
192 pages
230 x 280 mm    
color
2019

published by PRESTEL PUBLISHING