DONALD JUDD PAINTINGS 1959-61 by Alex Gartenfeld, Flavin Judd, Ellen Salpeter

アメリカ人アーティスト、ドナルド・ジャッド(Donald Judd)の作品集。マイアミ現代美術館(ICA Miami)の副館長でありチーフキュレーターのアレックス・ガルテンフェルト(Alex Gartenfeld)、キュレーターでありジャッド・ファウンデーション(Judd Foundation)の共同代表であるフレイヴィン・ジャッド(Flavin Judd)、マイアミ現代美術館(ICA Miami)のディレクターであるエレン・サルピーター(Ellen Salpeter)が企画・編集を手がけている。本書は、20世紀を代表するアーティストの1人であるドナルド・ジャッドの重要な未発表作品を初めて収録した一冊である。今もなお重要なアーティストとして評価されているジャッドは、型破りなアイデアと作品によって芸術、建築、デザインの分野に刺激と影響を与え続けている。広く受け入れられている昔ながらのスタイルから決別しようとして形と色彩の研究にのめりこんだことがあり、本書はその時期に制作された最初の成熟を魅せたシリーズの1つに焦点を当てている。著名な美術史家や批評家らによるテキストも収録。世界に認められた画家ドナルド・ジャッドに関するの新たな研究を紹介し、衰えることのないその影響力を示した一冊。

This book presents an important, unpublished, and unseen body of work by Donald Judd, one of the most significant artists of the 20th century. Donald Judd remains an important artist, whose radical ideas and work continue to provoke and influence the fields of art, architecture, and design. This book focuses on one of his first mature series of work, during an intense period when he was significantly moving away from accepted traditional styles through investigations of form and color. Featuring texts by renowned art historians and critics, Donald Judd: Paintings 1959–61 presents new scholarship on this canonical artist and demonstrates his ongoing influence.

by Alex Gartenfeld , Donald Judd , Ellen Salpeter , Flavin Judd

REGULAR PRICE ¥6,500

hardcover
136 pages
210 x 248 mm    
color, black and white
2019

published by PRESTEL PUBLISHING