BLACK CHAPEL by Theaster Gates

アメリカ人アーティスト、シアスター・ゲイツ(Theaster Gates)の作品集。ミュンヘンの美術館「ハウス・デア・クンスト(Haus der Kunst)」で2019年10月から2020年8月に開催された展覧会に伴い刊行された。黒人コミュニティを1つに結ぶ連帯意識に焦点を当て、その先駆的な芸術活動を通じて公共空間を交流と出会いの場に変える。

本書は、タイトル「Black Chapel」が提示する様々なテーマを議論する上で不可欠な幅広い知識を提供する1冊。本作品で作者は、卓越したアフリカ系アメリカ人陸上競技選手として知られるジェシー・オーウェンス(Jesse Owens)の人生を通じて、ドイツとアメリカの歴史という対立する2つの軸の間の社会的表現と社会参加に伴う問題を問いかけた。オーウェンスに関する記録が豊富な図版と共に出版されるのは今回が初めてとなる。

複数のパートで構成される本インスタレーション作品は、会場となった「ハウス・デア・クンスト」の巨大なミドルホールの建築に直接呼応する形で、政治的・精神的に深い意味を持つ複雑な物語を展開した。作者は2つの大きなパビリオンに様々な彫刻や写真、資料を収めたディスプレイケースをいくつも制作。この彫刻と写真の相互作用は、黒人の歴史、精神性、表現について問いを投げかけると同時に視覚的に書き換えている。

Focusing on the solidarity found within the Black community, Theaster Gates's visionary interventions transform public spaces into places of interaction and encounter. This book brings a broad-based knowledge to the discussion of the themes addressed by Gates in Black Chapel-issues of social representation and participation between the conflicting poles of recent German and American history as seen in the life of the exceptional African American athlete Jesse Owens. The complete and fully illustrated record collection of Owens is made available for the first time in this publication.

by Theaster Gates

REGULAR PRICE $34.00

softcover
176 pages
190 x 280 mm
color, black and white
2021

published by WALTHER KÖNIG