DEEPLY UNAWARE by Sabine Moritz

ケルンを拠点に活動するドイツ人アーティスト、ザビーネ・モーリッツ(Sabine Moritz)の作品集。2019年9月から10月にパリのギャラリー「Marian Goodman Gallery」で開催された展覧会に伴い刊行された。2019年に制作された大型の抽象絵画作品は、複雑な構図、熱烈な筆致、そして色鮮やかな色彩が際立っている。本シリーズは、鑑賞者を親密さと瞑想の体験に没頭させる。

作者の作品群に初めて抽象的な要素が登場したのは2015年であり、それまでは主に具象絵画で知られていた。本作は、赤を中心とした、色彩の豊かな対話に基づき制作されており、この絵画作品群は、スケッチや下書きなしで描かれている。オーストリア人美術史家、キュレーターのロバート・フレック(Robert Fleck)によるエッセイも収録。

*6月発売予定

Published on the occasion of her latest exhibition at Galerie Marian Goodman, Paris, this catalogue features Moritz's latest body of abstract paintings. Abstraction first appeared in her work in 2015, up until then she was mostly known for her figurative paintings. The new works are based on a rich dialogue of color, with red as the dominant in most. The paintings are produced without sketches or preliminary drawings. Features an essay by Robert Fleck.

Coming soon. *It will be available in June.

by Sabine Moritz

hardcover
103 pages
250 x 290 mm
color
2019

COMING SOON *AVAILABLE IN JUN

published by MARIAN GOODMAN GALLERY