YUKA & THE FOREST by Lena C. Emery

「FOAM Paul Huf award 2015」にもノミネートされたドイツ人フォトグラファー、レナ・C・エメリー(Lena C. Emery)の作品集。本作は、自分の肌を晒すことや、自然界と切っても切り離すことができない私たちの身体の儚さについて語った前作『RIE』の続編であり、聖なる森である「鎮守の森」を題材としている。日本文化のように、自然に深く根付いた文化は昔からあり、その自然の大部分を今に残すことができていたのは、相互に関連し合う価値体系を育んでいたためであった。作者は日本のどこか遠い田舎の村を通り抜け、どこまでも続く風景の中で高みへと上り詰めていく内省の旅へと我々を誘う。本シリーズのイメージを見ていると、自然の染み入るような静寂さに思いを巡らせずにはいられない。そして本が終わりに近づくにつれて、我々自身の手によって自然が消えていくことについても深く考えさせられる。本作にはリサイクル紙を使用。売上の10%は、地球上の生物多様性を守り人の暮らしが自然環境や野生生物に与える負荷を小さくすることによって人と自然が調和して生きられる未来を目指して活動しているWWF(World Wide Fund for Nature / 世界自然保護基金)に寄付される。

Yuka & The Forest’ marks Lena C. Emery’s second monograph and continuation to ‘Rie’ wherein she talked about the vulnerabilty of revealing our skin and our bodies being bound to the natural world. Within her new book, Emery introduces us to the chinju no mori, the sacred forest. We are reminded that cultures like that of Japan, which are deeply embedded in nature, have been able to perserve much of their natural habitat by having fostered an interconnected value system. Within ‘Yuka & The Forest’ we embark on a journey of reflection that leads us through a remote village in rural Japan, high into the midst of a vast lanscape. We are prompted to reflect on nature’s profound serenity and as the last pages fall also of its demise at the hand of our own. 10% of all proceeds go to WWF (The World Wide Fund for Nature) working in the field of wilderness preservation and the reduction of human impact on the environment.

by Lena C. Emery

REGULAR PRICE ¥8,800

hardcover
64 pages
240 x 295 mm
black and white
limited edition of 500 copies
2018

published by ART PAPER EDITIONS