WORK IN PROGRESS by Charlotte Posenenske

ドイツ人彫刻家、シャルロッテ・ポゼネンスケ(Charlotte Posenenske)の作品集。1930年にドイツに生まれ、ユダヤ人一家に生まれた作者は、友人に匿われながら第二次世界大戦を生き延びた。その後、制作を開始するが、1968年に活動を止め、1985年に亡くなるまでは社会学の専門家として従事したため、その後作品を発表することはなかった。没後、その作品が世に出る機会が増え、2005年にドイツの「ジーゲン現代美術館」で開催された回顧展を皮切りにその名が知られるようになった。

幾何学や工業生産、反復的な形状などを作品に取り入れながら、アートの市場を避け既定された儀礼や文化的ヒエラルキーを拒否し、1960年代当時の切迫されていた社会経済的懸念に応えるように、時代に先駆け大量生産型のミニマリズムの形を発展させた。鑑賞者、消費者によって工業的に制作・設置されるモジュール式の彫刻を制作するなど、芸術界における生産と消費の目的や手段を再考し、1956年から活動を休止する1968年までの短い時間に、Hanne Darboven(ハンネ・ダルボーフェン)、ドナルド・ジャッド(Donald Judd)、ソル・ルウィット(Sol LeWitt)らとともに作品を発表してきた。

本書では、初期に制作されたユニークな紙の作品や、大量生産型の彫刻作品などを収録し、その変遷を専門家から初めて見る人々にまで幅広く楽しめるよう豊富な図版で紹介する。作者自身が著したテキストも掲載。

A handsome overview celebrating the neglected German minimalist sculptor Charlotte Posenenske

Embracing reductive geometry, industrial fabrication and repetitive forms, German artist Charlotte Posenenske (1930-85) developed a form of mass-produced minimalism that addressed the pressing socioeconomic concerns of the 1960s by circumventing the art market and rejecting established formal and cultural hierarchies.

Posenenske exhibited widely during the brief period that she was active as an artist (1956-68), alongside peers such as Hanne Darboven, Donald Judd and Sol LeWitt.

Featuring metallic endpapers that echo her aesthetic, Charlotte Posenenske: Work in Progress traces the evolution of Posenenske's practice from early experiments with mark-making and the transitional aluminum wall reliefs to industrially fabricated modular sculptures produced in unlimited series and assembled or arranged by viewers at will.

by Charlotte Posenenske

REGULAR PRICE ¥9,350  (tax incl.)

hardcover
246 pages
190 x 254 mm
color, black and white
2019

published by WALTHER KÖNIG