WOOSTERS by Ted Stamm

アメリカ人アーティスト、テッド・スタム(Ted Stamm)の作品集。シリーズ作品『Wooster』全体を包括的に振り返った内容になっており、作品のほか、美術史家アレックス・ベーコン(Alex Bacon)のエッセイや作者の略歴をまとめた写真入りの年表を収録。1974年、作者は当時暮らしていたソーホーの通りで変わった形を見つけた。それは、長方形の左側にそれよりやや小さい三角形がくっついているというもの。この驚くべき発見の舞台となった通りの名前をとって『Wooster』と名付けられたシリーズを通じて、はっきりとした線で描かれた幾何学的な形を発展させ、変形キャンバス、線の形式主義的な要素、そして本質的な形と描かれた形について探求を深めた。本書は2018年3月9日から4月14日にニューヨークの「 Lisson Gallery」で開催された展覧会『Ted Stamm: Woosters』に伴い刊行された。

The first major monograph on American painter Ted Stamm (1944 – 1984) is a comprehensive survey of the entire Wooster series, including an essay by art historian Alex Bacon and an illustrated chronology of the artist’s career. In 1974, Stamm encountered an irregular shape on the pavement on his street in SoHo — a rectangle joined on the left by a slightly shorter triangle. Titled the Wooster series for the location of this revelation, these geometric forms with hard edges furthered the artist’s exploration of shaped canvases, formalist elements of the line, and literal as well as depicted shapes. Accompanies the exhibition Ted Stamm: Woosters, 9 Mar – 14 Apr 2018, Lisson Gallery, 504 West 24th Street, New York.

by Ted Stamm

REGULAR PRICE ¥6,400

hardcover
175 pages
195 x 255 mm
color, black and white
2018

published by LISSON GALLERY