WOMEN WITH CAMERAS (SELF PORTRAIT) by Anne Collier

ニューヨークを拠点に活動しているアメリカ人アーティスト、アン・コリアー(Anne Collier)の作品集。本書は1970年代から2000年代初頭までに撮影された、女性のイメージが写る80枚のアマチュア写真で構成されている。デジタル化される前の時代にフィルムカメラで撮影されたこれらの写真は、作者が何年にもわたってフリーマーケットや古着屋、オンラインなどで購入し、収集したものである。プリントはソーシャルメディア上で流通するのではなく、かつて個人のために存在していたものの、撮影者や持ち主によって廃棄されたということを意味する。写真のイメージとその個人的なヒストリーの「放棄」というコンセプトは本作の中核をなし、記憶と悲しみと喪失と写真との関係を増幅させる。

A sequence of 80 images of found amateur photographs dating from the 1970s to the early 2000s that each depict a female subject holding a camera or taking a photograph. These artifacts of the pre-digital age were collected by Collier over a number of years from flea markets, thrift stores and online market places. Each of these photographs has, at some point in the recent past, been discarded by its original owner. The concept of “abandonment,” of photographic images and the personal histories that they represent, is central to Women with Cameras, which amplifies photography’s relationship with memory, melancholia and loss.

by Anne Collier

REGULAR PRICE $49.00

softcover
168 pages
254 x 254 mm
color
limited edition of 1,500 copies
2018

published by KARMA