WITH THE END IN MIND by Reginald Sylvester II

アメリカ人アーティスト、レジナルド・シルヴェスター II(Reginald Sylvester II)の作品集。本作は、2021年夏にロンドンのギャラリー「マキシミリアン・ウィリアム(Maximillian William)」で開催された個展に伴い刊行された。展覧会図録とアーティストブックが組み合わされたハイブリッドな一冊となっている。本作を構成する作品は、抵抗の道具として、また黒人の不屈の精神を表す形としての意味を為しながら、作者が持つ抽象的な作品への関心を表現している。そして、平面的な抽象絵画から、三次元的な要素を取り入れたより触覚的な作品へと移り変わっている。本書は、観る者を作者の創作におけるプロセスへと誘う。作品は、作者によるマントラの循環の流れの中に配置されており、作品の精神的かつ概念的な裏付けに洞察を与えている。ライターでありエディター、研究者のアリー・ビスワス(Allie Biswas)によるテキストを収録。アメリカの黒人アーティストが制作したものを政治的意識をもってアートへと変えていった歴史の中で、既製品を使うということを言及している。

With the End in Mind
is a hybrid catalogue/artist’s book published in conjunction with the namesake solo exhibition by Reginald Sylvester II presented at Maximillian William, London during the summer of 2021. The artworks which form With the End in Mind demonstrate the artist’s interest in abstraction as a tool of resistance and a form which can represent Black resilience. They also mark a shift from flat abstract painting to more tactile works which incorporate three dimensional elements. The book invites the reader into Sylvester’s creative process. The works are nestled within a cyclical flow of the artist’s mantras, which give insight into the spiritual and conceptual underpinning of the resulting artworks. Also feauturing a text by Allie Biswas contextualising the artist’s use of Readymades within a history of Black America artists transforming manufactured objects into art with a political consciousness.

by Reginald Sylvester II

REGULAR PRICE $34.00

hardcover
304 pages
215 x 300 mm
color
limited edition of 1,000 copies
2021

published by IN OTHER WORDS