WINDOW SHOPPING by Kelly Beeman

アメリカ、ニューヨークとロサンゼルスを拠点とするアーティスト、ファッションイラストレーターであるケリー・ビーマン(Kelly Beeman)の作品集。エキゾチックな庭、洒落たプールサイド、ピクニック、カントリーハウス、カクテルパーティー、家のソファーで親密にしているシーンやガールフレンドとのティータイム – 作者の描く人物は手足が長くどこかエレガントであり、夢のような衣服に身を包んで暮らしている。だがその人物がもつ美しさは、決して著名なファッションデザイナーの最新コレクションのためにだけ存在するわけではない。描かれた者たちは、作者がオクラホマで過ごした幼少期の思い出で溢れる幻想的な世界観の主役たちであり、そしてインテリアデザインや建築、音楽、文学に向けた非常に繊細な共鳴と賛辞の意である。そのインスピレーション源はルックブックやキャットウォークを歩くシーンであり、意匠を凝らした刺繍のブルゾンや、ストライプのベルボトム、レースのエンパイアドレス、若々しいバイカージャケット、遊び心に満ちたシルバーのイヤリング、そんな形がビーマンに刺激を与える。だからと言って単なるファッションイラストレーションの域に留まる訳ではなく、ファッションシーンの領域を遥かに越えた意義ある世界観をも作り出す。独学ではあるが、幼い頃より情熱に任せ絵を描きながらピアノを弾いて過ごした作者は、大人になって描くイメージの中にも豊かに楽譜やピアノの細やかな描写を取り入れている。ニューヨーク市立大学ハンター校で社会学を学んだのちボリビアやアルゼンチンで数年間働いており、そのような背景が作品への考え方を反映し、例えば文化とファッションとの間に生じる関係性、あらゆる社会における根本的な側面といったようなことが見えてくる。作者のテーマ「Dressing」は、人物像、物語、文化的背景を作り出す一つの方法であり、自己顕示の世界におけるそのような要素の意義を追求する。作者は社会評論家としてではなく、アーティスト、ファッションイラストレーターとして自身を見つめている。その創造性を刺激するのは新即物主義、とりわけクリスチャン・シャド(Christian Schad)やオットー・ディクス(Otto Dix)、また古典芸術、ビザンチン芸術だけでなくウィーン分離派のグラフィック作品なのである。

In exotic gardens and cool swimming pools, at picnics, countryhouse and cocktail parties, at home on the sofa in moments of domestic intimacy or having tea with girlfriends – Kelly Beeman‘s elegant long-limbed figures lead their lives in dream apparel. But her beauties are not just models for the latest creations of big-name fashion designers. They are the protagonists of Beeman’s profuse fantasy world brimming with childhood memories of Oklahoma and subtle nods and tributes to interior design, architecture, music and literature. Beeman’s sources of inspiration are lookbooks and catwalk shots, from which she borrows an elaborately embroidered blouson, striped bell-bottoms, a lace Empire dress, a youthful biker jacket, playful silver earrings. She doesn’t just produce fashion illustrations, she creates a meaningful world far beyond the confines of the fashion scene.

An autodidact, even as a child Beeman drew and painted and played piano with a passion, hence the recurrent sheet music and piano amongst the profusion of details in her pictures. After studying sociology at Hunter College in New York, Beeman worked for several years in Bolivia and Argentina. Her background in sociology informs how she thinks about her artwork: it’s about the relationship between culture and fashion, a fundamental aspect of every society. “Dressing” her subjects is a way for Beeman to create characters, stories and cultural context and explore their significance in a world of self-display. She doesn’t see herself as a social critic, however, but as both artist and fashion illustrator. Her inspirations, she says, are the New Objectivity, especially Christian Schad and Otto Dix, graphic works of the Vienna Secession as well as Classic and Byzantine art.

by Kelly Beeman

REGULAR PRICE ¥5,500

hardcover
72 pages
240 x 320 mm 
color
2018

published by EDITION PATRICK FREY