WHITE CUBE COMPANION (2022)

ロンドンと香港にギャラリースペースを構える「WHITE CUBE」の作品集。本ギャラリーは1993年の設立以来、世界でも評価の高い現代アーティストの作品を数多く展示し、受賞歴のあるモノグラフ、展覧会カタログ、アーティストブックを出版してきた。本書は、ギャラリーとしてだけでなく出版社としても名高い本ギャラリーが、これまで関わってきたアーティストたちの実践を紹介する、ビジュアルエッセイ、講演、対談、詩、短編小説を収録した1冊。装丁は「Studio Jonathan Hares」が手がける。

本書は、ケニア人アーティスト、マイケル・アーミテージ(Michael Armitage)の展覧会「Amongst the Living」(2022年)にあわせて、南アフリカ人アーティストのNakhaneが書き下ろした、クィア・ロマンス、罪悪感、恥を探求する書簡的作品から始まる。ベルリンを拠点に活動する美術批評家のエステル・ホイ(Estelle Hoy)は、パリに建つ同ギャラリーで開催されたグループ展「Sweet Lust」に反応し、熱望と欲望の両義性を孕んだ短編小説を発表。また、レバノン系アメリカ人アーティスト、エテル・アドナン(Etel Adnan)や、ブレンダン・ショーネシー(Brendan Shaughnessy)、エイミー・キー(Amy Key)といった詩人による詩は、強烈な描写力と憧れの象徴を通して、反射的に立ち止まる瞬間を与える。

フランス人アーティスト、ソフィ・カル(Sophie Calle)による初のアーティスト・ブック「ヴェネチア組曲」(1980-96年)の根底にあるのは、一方的な追跡ゲームであり、そのパフォーマティブ・アートの作品についてアメリカ人作家クリス・クラウス(Chris Kraus)とカナダ人写真家のジュリアナ・ハルパート(Juliana Halpert)が考察・論考する。同じく謎めいていて捉えどころのないところが「伝説的」であると言われるアメリカ人アーティスト、デイヴィッド・ハモンズ(David Hammons)の作品は、イギリスで最も権威ある文学賞「ブッカー賞」を受賞したベン・オクリ(Ben Okri)による、ハモンズの「革新的な不在」に注目したエッセイからの抜粋とともに掲載されている。

アメリカ人アーティスト、ヴァージニア・オバートン(Virginia Overton)とイタリア人キュレーター、セシリア・アレマニ(Cecilia Alemani)は、芸術家の実践の中に物質的な歴史が埋め込まれていることを論じ、この概念はイスライル系アメリカ人アーティスト、ハイム・シュタインバッハ(Haim Steinbach)の作品を特徴づけるものでもあり、アメリカ人キュレーター、ジェニー・ジャスキー(Jennifer Jaskey)はオブジェクト指向存在論の哲学的な枠組みを通してこの作品を読み解く。繊細な箔押しや手描きの幾何学的な形の作風特徴であるメキシコ人アーティスト、ガブリエル・オロスコ(Gabriel Orozco)の新シリーズ「Diario de Plantas」(2022年)について、イギリス人美術史家のブリオニー・ファー(Briony Fer)がテキストで紹介し、人間以外の存在や植物、自然の持つ無限の創造性について取り上げる。また、ベトナム人アーティスト、ダン・ヴォ(Danh Vo)のシリーズ「Untitled」(2022年)は、キアラ・ベルトラ(Chiara Bertola)との共同企画で、「ケリーニ・スタンパリア財団(Fondazione Querini Stampalia)」の周辺に並ぶ花のポートレートで、植物的なものを心に訴えかける。

アメリカ人アーティスト、クリスチャン・マークレー(Christian Marclay)、イギリス人アートユニット、ギルバート&ジョージ(Gilbert & George)、そして日系アメリカ人アーティスト、イサム・ノグチ(Isamu Noguchi)による亜鉛メッキ鋼板の作品を捉えたジョナス・マルゲ(Jonas Marguet)のヴィジュアル・エッセイは、長い文章を区切り、「見る」という行為を重要視している。

これらのアーカイブ資料、コミッションによって書かれたエッセイ、新たに執筆した作品は、2022年のアンソロジーのハイライトである。アーティストとその作品に直接接近できる「姉妹篇」とも言える本作は、過去1年間の現代アートと文章の重要な記録となっている。

収録アーティスト:
エテル・アドナン、セシリア・アレマニ、マイケル・アーミテージ、キアラ・ベルトラ、ソフィ・カル、ブリオニー・ファー、ギルバート&ジョージ、ルイーズ・ジョヴァネリ、ジュリアナ・ハルパート、デイヴィッド・ハモンズ、エステル・ホイ、ジェニー・ジャスキー、クララ・ケンプ・ウェルチ、エイミー・キー、クリス・クラウス、ダニカ・ランディー、クリスチャン・マークレー、ジョナス・マルゲ、ナカネ、イサム・ノグチ、ベン・オクリ、ガブリエル・オロスコ、ヴァージニア・オーバートン、ジェシカ・ランキン、イラナ・サイディ、パク・ソボ、ブレンダン・ショーネシー、ジェニファー・シリフカ、ハイム・スタインバッハ、アリーナ・シャポツニコフ、ヤン・ヴォー、ジェフ・ウォール

White Cube Companion is an annual anthology of art and writings, platforming the practices of artists White Cube has worked with. Visual essays, in-conversations, recorded lectures, poetry and short stories are just some of the forms of creative expression and discourse brought together in a single volume.

The anthology begins with an epistolary piece exploring queer romance, guilt and shame, by artist Nakhane, commissioned on the occasion of Michael Armitage’s exhibition ‘Amongst the Living’ (2022). Elsewhere in the publication, Estelle Hoy responds to White Cube Paris’ group exhibition ‘Sweet Lust’ through a short story that teems with the ambivalences of lust and desire. And poetry by Etel Adnan, Brendan Shaughnessy and Amy Key provide reflexive moments of pause through intense descriptive clarity and potent symbols of longing.

A one-sided game of pursuit underlies Sophie Calle’s Suite Vénitienne (1980–96), an outstanding performative work of art that writer Chris Kraus and photographer Juliana Halpert consider and discuss. Equally enigmatic and elusive is the legendary David Hammons, whose works appear alongside an excerpt from an illuminating essay by Booker Prize winner Ben Okri, which attends to the artist’s ‘radical absence’.

Virginia Overton and Cecilia Alemani discuss the embeddedness of material histories within the artist’s practice, a notion that in part also characterises the work of Haim Steinbach, which Jenny Jaskey reads through the philosophical framework of object-oriented ontology. Briony Fer’s text on Gabriel Orozco’s new series ‘Diario de Plantas’ (2022), which feature delicate leaf-prints and hand-drawn geometric forms, addresses non-human or vegetal being, and the infinite creativity of nature. Also appealing to a fascination with the botanical is Danh Vo’s ‘Untitled’ (2022) series, portraits of flowers that line a route around the Fondazione Querini Stampalia in the artist’s new project co-curated with Chiara Bertola.

Visual essays by Christian Marclay, Gilbert & George and Jonas Marguet, who has photographed Isamu Noguchi’s galvanised steel works, punctuate the longer passages of text and serve to prioritise the act of looking.

These archival materials, special commissions and new writing are a few of the highlights of this year’s anthology. Granting direct access to artists and their work, Companion is an essential record of the contemporary art and writing of the past year.

Contributors: Etel Adnan, Cecilia Alemani, Michael Armitage, Chiara Bertola, Sophie Calle, Briony Fer, Gilbert & George, Louise Giovanelli, Juliana Halpert, David Hammons, Estelle Hoy, Jenny Jaskey, Klara Kemp-Welch, Amy Key, Chris Kraus, Danica Lundy, Christian Marclay, Jonas Marguet, Nakhane, Isamu Noguchi, Ben Okri, Gabriel Orozco, Virginia Overton, Jessica Rankin, Ilana Savdie, Park Seo-Bo, Brenda Shaughnessy, Jennifer Sliwka, Haim Steinbach, Alina Szapocznikow, Danh Vo and Jeff Wall.

REGULAR PRICE $40.00

softcover
288 pages
150 x 230 mm
color, black and white
2022

published by WHITE CUBE