WHERE TO START FROM by Maurizio Nannucci

イタリア人アーティストのマウリツィオ・ナンヌッチ(Maurizio Nannucci)の作品集。本作は、作者の全キャリアを網羅し、主なプロジェクトのを抜粋した包括的なモノグラフ。本書は、2015年6月から10月までローマの「イタリア国立21世紀美術館 / マキシ(MAXXI)」で開催された展覧会に伴い刊行された。

作者の芸術を包括的な概観として提供する本書は、「Dattilogrammi」(1964/1965年)、「Alfabetofonetico」(1967年)、「M40」(1967年)、「Corner」(1968年)、「Colors」(1969年)、大型インスタレーション作品「The missing poem is the poem」(1969年)、数々のサウンドインスタレーション作品(1966年以降)、写真シリーズ「Giardini botanici」(1967年)、 「Scrivere sull'acqua」(1973年)、「Sessanta verdi naturali」(1973年)などの歴史的に重要とされる先駆的な作品から、「イタリア国立21世紀美術館」のファサードのために特別に構想された大規模作品「More than meets the eye」をはじめとする本展覧会のために制作された3つの新作インスタレーションまで、幅広い作品を収録。

1960年代以来、芸術、言語、イメージの関係の考察を続けてきた作者は、多くの世代のアーティスト、建築家、音楽家、批評家、キュレーターから参考とされる存在である。光、色彩、音、現実と想像上の空間の関係を探求したその作品群は、様々な分野の対話を特徴とするが、このことは、特に大型のネオンサインを使った作品に顕著に現れている

MAXXIに設置されたネオンサインは、マウリツィオ・ナンヌッチの詩的なアプローチの宣言である」と本展のキュレーションを担当したバルトロメオ・ピエトロマルキ(Bartolomeo Pietromarchi)は記す。「同時にこの作品は、アーティスト本人の言葉を用いると、『イメージが表象の限界を超え、言葉、音、香りによって呼び起こされる心象、虚像、夢や白昼夢の中のイメージになる』空間を超えて広がっているという点において、展覧会『Where to start from』の始まりでもある

A comprehensive monograph covering Nannucci's whole career and presenting a selection of his major projects.

This publication constitute a major overview of Nannucci's work: from the historic, pioneering works Dattilogrammi (1964/1965), Alfabetofonetico (1967), M40 (1967), Corner (1968), Colors (1969), the large installation The missing poem is the poem (1969), the sound explorations (since 1966) and the photographic series “Giardini botanici” (1967), Scrivere sull'acqua (1973), and Sessanta verdi naturali (1973) to the three new installations realized for the exhibition, including More than meets the eye, a large-scale work specifically conceived for MAXXI's façade. Since the 1960s, Maurizio Nannucci, a point of reference for many generations of artists, architects, musicians, critics and curators, has examined the relationship between art, language, and image. His work, which has always been characterized by a dialogue between various disciplines, explores the relationship between light, color, sound and both real and imagined space, which becomes particularly evident in his large neon texts. “The neon sign installed at MAXXI can be seen as a statement, a declaration of Maurizio Nannucci's poetic approach”, writes exhibition curator Bartolomeo Pietromarchi, “and at the same time the beginning of the exhibition, the “Where to start from” for penetrating the space in which—as the artist put it—“the image goes beyond the limits of representation, becomes a mental image, a virtual image, an image from a dream or a daydream, which can be conjured up by a word, a sound, a scent”.

Published on the occasion of the eponymous exhibition at MAXXI– Museo nazionale delle arti del XXI secolo, Rome, from June 26 to October 18, 2015.

by Maurizio Nannucci

REGULAR PRICE $47.00

softcover
272 pages
165 x 235 mm
color, black and white
2015

published by MOUSSE PUBLISHING