WHEN MIDNIGHT COMES AROUND by Gary Green

アメリカ人フォトグラファー、ゲイリー・グリーン(Gary Green)の作品集。1976年初頭、作者は急成長するニューヨークのダウンタウンのミュージックシーンに傾倒した。日中は写真家のアシスタントをし、夜になるとナイトクラブ「Max’s Kansas City」や「CBGB」でその10年の間に最もアイコニックであるミュージシャンや人物を記録し続けた。本書に収録された写真の中には、ルー・リード(Lou Reed)、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、ジョーイ・ラモーン(Joey Ramone)、リチャード・ヘル(Richard Hell)、ジョニー・サンダース(Johnny Thunders)、パティ・スミス(Patti Smith)、トム・ウェイツ(Tom Waits)、デボラ・ハリー(Deborah Harry)など、音楽史においてその時代を目撃してきた重要な面々が写っている。本書は、音楽と文化への影響を過大評価することのできない「ある場所」「時間」を独特の視点で魅せている。

ニューヨークの新興パンクシーンにおける民主主義的なポートレイトであり、時代を超越した遠い彼方の出来事ように見える。」-ショーン・オヘイガン(Sean O’Hagan)

Beginning in 1976, the American photographer GARY GREEN immersed himself in New York City’s burgeoning downtown music scene. By day a photographer’s assistant, he spent his nights at Max’s Kansas City and CBGB documenting some of the decade’s most iconic musicians and figures. Included in this collection are Lou Reed, Andy Andy Warhol, Joey Ramone, Richard Hell, Johnny Thunders, Patti Smith, Tom Waits and Debbie Harry, as well as those on the scene who witnessed musical history being made. This book presents a unique vantage point on a place and time whose impact on music and culture cannot be overestimated.

"A democratic portrait of an emerging New York punk scene that looks both distant and timeless." Sean O’Hagan

"A democratic portrait of an emerging New York punk scene that looks both distant and timeless." Sean O’Hagan

by Gary Green

REGULAR PRICE ¥4,500

softcover
72 pages
250 x 190 mm    
black and white
2020

published by STANLEY/BARKER