WHAT, YOU DON'T KNOW GRAPUS? by Léo Favier

フランス人アーティスト、レオ・ファビエ(Léo Favier)の作品集。1968年5月に勃発した学生運動(5月革命)の直後にパリで形成されたデザインコレクティブ「Grapus(グラピュス)w」は、生きることを実験のための場として捉え、公の場での議論を促進するために政治・社会・文化に関する新しい主張をグラフィックデザインで表現した。始めの頃は共産党の地元支部のポスターをデザインしていたが、20年後にはパリのルーブル美術館のコーポレートアイデンティティのデザイナーに選ばれるまでになる。最盛期にはフランス内外から才能溢れる献身的なグラフィックアーティストが多数集まってきたものだったが、1980年代後半には活動も下火になっていった。フランスのGrand Prix National des Arts Graphiquesを受賞した後の1990年に同グループは解散を決断した。そして、映像作家でもある作者は、このグループの元メンバーを探し出すことを決めた。本書に収録された26のインタビューからは、このコレクティブの生き方の中心を占めていた空想社会主義的な仕事の取り組み方と、激しい討論の様子がうかがわれる。

Grapus [ \gra-´pUEs] is a French graphic design collective founded in Paris immediately following the student protests of May 1968. The group saw life as a field for experimentation, putting the new political, social, and cultural debates into graphic form for public discussion. At first Grapus designed posters for local chapters of the Communist Party; twenty years on, they were chosen to design the corporate identity of the Louvre in Paris. By the late 1980s, the collective’s productive days were over. In its heyday it had attracted many highly committed graphic artists both from France and abroad. After receiving the Grand Prix National des Arts Graphiques, the group decided to disband in 1990. Léo Favier set out in search of the former members of the collective. The twenty-six interviews in his book tell of the utopian working methods and heated disputes that were at the heart of this collective way of life.

by Léo Favier

REGULAR PRICE ¥3,000

softcover
224 pages
130 x 190 mm    
color, black and white
2014

published by SPECTOR BOOKS