WASHINGTON SQUARE by Dave Heath

アメリカ人フォトグラファー、デイヴ・ヒース(Dave Heath)の作品集。1950年代の終わり、ニューヨークのワシントン・スクエアは反乱の象徴だった。ジャンキー通りと呼ばれたこの場所を、フランス人の作家シモーヌ・ド・ボーヴォワール(Simone de Beauvoir)は「旅行者、インテリ風情、学生、そしてブルースやフォークシンガーが歌う薄暗いナイトクラブやコーヒーハウスにたむろするビート族にヒッピー、ボヘミアンといったいかがわしい人々の群れが織りなすコスモポリタンな大合唱」と記述している。その頃、若き写真家であった作者は、ワシントン・スクエアにやってくる若者たちのありのままの姿を写し、深い情感を湛えたポートレイトを制作していた。アレン・ギンズバーグ(Allen Ginsberg)、グレゴリー・コルソ(Gregory Corso)、そして本作にも顔を出しているジャック・ケルアック(Jack Kerouac)ら時代の異端者とされたビート・ジェネレーションの詩人たちが夜な夜な新作を披露していた「7 Arts Coffee Gallery」にも足を踏み入れている。社会に衝撃を与えたギンズバーグの代表作『吠える( Howl )』が初めて朗読されたのもこの場所であり、この詩は本書のイントロダクションにも使用されている。作者は2016年、85歳の誕生日に惜しまれつつ亡くなったが、同年末に本書が出版された。

プレオーダー ※8月入荷予定

In the late 50's, New York’s Washington Square was a place of rebellion, nicknamed junkie row and described by Simone de Beauvoir as "A cosmopolitan chorus of tourists, ‘intellectuals’, students and a dubious collection of beatniks, hippies and bohemians who gather while in the dimly lit night clubs and coffee houses, blues and folk singers perform.” As a young man, the American photographer Dave Heath, created deeply expressive, candid portraits of the young people who populated the square, as well as venturing into the 7 Arts Coffee Gallery, where the infamous Beat poets: Allen Ginsberg, Gregory Corso and Jack Kerouac (who appear in the book), spent their nights giving readings of their latest works such as Ginsberg's influential poem Howl, which is included as an introduction to the book. This special book began its journey shortly before Heath sadly passed away in 2016 on his 85th birthday.

Available for pre-order now, will be shipped in August.

by Dave Heath

REGULAR PRICE ¥6,200

hardcover
104 pages
215 x 275 mm
black and white
limited edition of 1,000 copies
2016

PRE ORDER *SHIPPED IN AUG

published by STANLEY/BARKER