WAITING FOR THE SIBYL by William Kentridge

南アフリカ人アーティスト、ウィリアム・ ケントリッジ (William Kentridge)の作品集。本書に収録されているテキストは、主に室内オペラ「Waiting for the Sibyl」の台本からの引用である。このオペラは、ローマのオペラ座の為に制作され、2019年9月に初めて同劇場で上演された。サックス奏者のンランラ・マラング(Nhlanhla Mahlangu)とピアニストのカイル・シェパード(Kyle Shepherd)が作曲を担当。上演中は、オペラ座内に配置された大小様々なサイズのスクリーンにイメージとフレーズが映し出された。歌われている歌詞と同期していることもあれば、完全に独立しているシーンもあった。実際のオペラの舞台では、大抵右側のページにはテキスト、左側のページにはドローイングや舞台上のダンサーの影などが重ね合わせるようにして映し出されていた。本書には、実際にオペラで使われたよりも多数の異なるドローイングが登場する。この本の制作、出版は、オペラを劇場で上演することを不可能にした新型コロナウイルス感染症の大流行の最中に行われた。このプロジェクトには、もう一度完全な形でこのオペラを見ることができるようになる日が早く来てほしいという願いが込められている。

The text in this book is essentially the libretto of the chamber opera Waiting for the Sibyl, which was made for the Teatro dell'Opera di Roma and first performed there in September 2019. Music for the opera was composed by Nhlanhla Mahlangu and Kyle Shepherd. The images and phrases were projected on different size screens in the opera, sometimes in sync with the sung text, sometimes independent of any sung text. In the opera production, the right-hand page generally had text, and the left-hand page had a mixture of drawings and the shadow of a dancer on stage cast onto the projection surface. In this book there are more and different drawings than are used in the opera. This book is compiled and published in the time of the covid-19 pandemic, a time in which it is not possible to perform the opera live. The project is undertaken in anticipation of the time when the opera can be seen in its full form again.


William Kentridge - Waiting for the Sibyl - Johannesburg Workshop 2019 from Quaternaire Paris on Vimeo.

by William Kentridge

REGULAR PRICE ¥8,800

hardcover
360 pages
195 x 270 mm
color, black and white
2020

published by WALTHER KÖNIG