UNICORN by Bela Borsodi

オーストリア人フォトグラファー、ベラ・ボルソディの作品集。本作は、一見すると抽象的に作られただけの静物写真のシリーズ集だが、より注視すると何らかの言葉や単語を表現するための手段としてイメージが用いられている。写真の中にその意味をほのめかす仕掛けが隠されており、本作がきちんと秩序立てて描かれた判じ物(※註)パズルであることをイメージそれ自身が教えてくれる。文脈を無視して見るとどのイメージも画像やアイテムが無作為に組み合わさっただけのようであるが、観察するうちに様々な手がかりを経て、ゆっくりと解読パターンが図像全体に見え出してくる。そこには被写体が綿密な計算の上に配置され、一緒に写っている文字の追加もしくは削除が示唆されている。その意味を解読すべく、我々は写っているものを部位ごとに分け、通常写真を見る時とは異なる手順でイメージを見始める。その謎が解ける頃には新しい写真の領域を楽しんでしまっているだろう。ここで重要なことは、カメラで被写体を撮ってイメージを完成させているという点である。コラージュのように見えるかもしれないが、完全に秩序立てて並べられて構図が作られている。一見フラットに写り合成されたように描かれているヒントの文字は、実は立体的なハンドクラフト作品のように作られて他の被写体と一緒に並んでいる。こういった要素を通して出来上がったイメージは二つの役割を果たす。一つは視覚芸術として必須である「美的に圧倒する」ということ、そしてもう一つは「テーマにまつわる仕掛け」としての機能するということである。

この作品は、極端な柔軟性のなさと制約によって容赦無くルールに縛られている。『解く』ことが機能したパズルと、魅力的かつ一貫した何らかの意味やメッセージを持つ写真、その両方を作ることが私の取り組みだったんだ。

それぞれの図像が表す言葉が作者自身と強く結びついていることは重要なポイントであり、ある意味作者の価値観や個性をサブリミナル的に見ることができると言える一作である。

※註 文字や図画に意味を隠し、それを当てさせるようにしたなぞ解き。

Unicorn by Bela Borsodi (b. 1966, Austrian) is comprised of a series of seemingly abstract still life photographs, which upon further inspection reveal themselves to be tautly illustrative photographic rebus puzzles — allusive devices that use pictures to represent words or parts of words. When viewed without context, the photographs contain a seemingly random conflation of imagery and items, but slowly and through observation, patterns emerge through clues laid throughout the frame. Objects appear precisely placed, and letters indicate verbal additions or subtractions. You start to break down the images into sectors, forcing yourself to look at the photographs in a manner unlike your regular ways of seeing. You excoriate the frame, searching for clues. By the time you've solved the puzzle, you've also luxuriated into a new photographic realm. Importantly noted, Borsodi's images are composed entirely in camera. While from afar they might seem to be abstract collages combining unconnected images and overlaid typography, Borsodi's control of composition is nothing if not entirely ordered. The seemingly flat typographic clues are in fact three dimensional hand crafted letters placed among the objects. Through these elements, the images do two things at once — they aesthetically compel as visual art must and also work as a thematic device. “They are ruthlessly governed by utmost restriction and inflexibility,” says Borsodi. “Creating a solvable functional puzzle AND a cohesive attractive meaningful photograph with a message was my initiative.” So as not to deny any of us the pleasure of solving Borsodi's intriguing compositions, too much explanation of any image's meaning here should be avoided. But it is important to state that each image's word retains a strong connection to the artist himself, and in some ways can be viewed as a subliminal summary of the artist's ethos and character.

by Bela Borsodi

REGULAR PRICE ¥6,200

hardcover
40 pages
235 x 300 mm
color
limited edition of 700 copies
2018

published by LIBRARYMAN