TROPHY LIVES: ON THE CELEBRITY AS AN ART OBJECT by Philippa Snow

イギリス人作家、評論家、エッセイストであるフィリパ・スノウ(Philipa Snow)の作品集。

著名人がすばらしいミューズとなることはよく知られたことである。リンジー・ローハン(Lindsay Lohan)、ロバート・パティンソン(Robert Pattinson)、マイリー・サイラス(Miley Cyru)にインスパイアされたシリーズを描き上げたリチャード・フィリップス(Richard Phillips)の作品や、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)を等身大に象った蝋の作品を最近発表したウルス・フィッシャー(Urs Fischer)を思い浮かべてほしい。アートコレクターのピーター・ブラント(Peter Brant)がその妻であるスーパーモデルのステファニー・シーモア(Stephanie Seymour)の彫刻を、意地悪な風刺を好むイタリア系アメリカ人アーティスト、マウリツィオ・カテラン(Maurizio Cattelan)に依頼したこともすでに周知の事実だろう。厳密に言えばその作品名は「Stephanie」だが、業界内ではむしろ「Trophy Wife(トロフィーのワイフ)」として知られている。この彫刻には150万ドルもの値がつけられたが、シーモア自身の方には1億ドルの価値があると噂されている。どちらが「よりよい」アート作品を名乗れるのか、考えたくもなるのではないか。

この図版入りのエッセイで作者は、すべての偉大な、あるいは象徴的なセレブリティはみな、彼ら自身が形づくり、彼ら自身が権威を与えた、彼らの内にあるものがまさしく芸術作品としてみなせるのではないかと問うた。著名人の私生活がより可視化され、それゆえに、より芸術的に演出されている今、著名人自身がコンテンポラリー・アーティストによる作品とあらゆる面で遜色ないほどに複雑で、コンセプチュアルで、説得力のある現代美術の媒体として、神話を生み、イメージを作り出すひとつの形としてますます成り立ちつつあると、過去20年間にわたる広範な文化的文脈をもとに論じている。

本書はイギリスの出版社「MACK」が刊行する、文化論者やキュレーター、アーティストが1つのテーマや作品、思考をテキストで掘り下げるシリーズ「DISCOURSE」の1冊として刊行されている。

最も偉大なアート評論と肩を並べる一冊。私たちの世界を形づくるリビドーの力を見つけ出す才にあふれた不朽の理知」ーナタリー・オラー(Nathalie Olah)

Trophy Livesは、名声、美、知覚にまつわる見事な論考である。…スノウは、重要な文化評論家としての地位を確立させた」ーローレン・エルキン(Lauren Elkin)

読めば読むほど読みたくなる、豊かかつインターテクスチュアル(間テクスト性)な散文で書かれた、現代アートと有名人のその様々な組み合わせにおける、コンバージェンスの徹底的でいて予想外な分析。しびれる一冊だ」ーソフィー・コリンズ(Sophie Collins)

'An art critic to rival the greatest: a monumental wit with a talent for detecting the libidinal forces that shape our world.’ Nathalie Olah

‘Trophy Lives is a brilliant disquisition on celebrity, beauty, and perception… Snow solidifies her place as an essential cultural critic.’ Lauren Elkin

‘An unpredictable, in-depth analysis of the convergences of contemporary art and celebrity in its various permutations, written in moreish, richly intertextual prose. An electric book.’ Sophie Collins

We know that celebrities can make great muses: think of the work of Richard Phillips, who has painted an entire series of works inspired by Lindsay Lohan, Robert Pattinson, and Miley Cyrus, or of Urs Fischer, who recently showed a life-sized candle in the shape of Leonardo DiCaprio. Notoriously, the art collector Peter Brant commissioned the wickedly satirical Italian American artist Maurizio Cattelan to make a sculpture of his wife, the supermodel Stephanie Seymour. The work was technically called Stephanie, but became known in the industry as ‘Trophy Wife’. With the sculpture valued at 1.5 million dollars, while Seymour herself is purportedly worth one hundred million dollars, you might be tempted to wonder which has the claim to be the ‘better’ work of art.

In this illustrated essay, critic Philippa Snow asks whether all great, or iconic, celebrities can be considered technically self-authored artworks in and of themselves. Drawing on a wide range of cultural references from the past two decades, she proposes that increasingly – as celebrities’ private lives become more visible and thus more art-directed – celebrity itself can be a medium for contemporary art, a form of mythmaking and image-making that is every bit as complex, conceptual, and compelling as the work of a traditional artist.

DISCOURSE is a series of small books in which a theorist, artist, or writer engages in a dialogue with a theme, an artwork, an idea, or another individual across an extended text. Explore the full series here.

by Philippa Snow

REGULAR PRICE ¥3,850  (tax incl.)

softcover
104 pages
125 x 195 mm
color
2024

published by MACK