TRANSLATING by Christian Marclay

アメリカ人ミュージシャン、アーティストのクリスチャン・マークレー(Christian Marclay)の作品集。2021年11月から2022年2月まで東京都現代美術館で開催された「クリスチャン・マークレー トランスレーティング [翻訳する]展に伴い刊行された。

公式テキストより:
現代美術と音楽を繋ぐ、革新的な活動をつづけてきたアーティスト、クリスチャン・マークレー。日本初の大規模個展開催にあわせて編集された、資料的価値の高い一冊。

クリスチャン・マークレー(1955-)は、70年代末のニューヨークでターンテーブルを使ったパフォーマンスで音の実験を始めて以来、前衛的な音楽シーンの重要人物として活躍してきた。一方で、視覚的な情報としての音や、現代社会において音楽がどのように表象され、物質化され、商品化されているかといったテーマに焦点を当てた活動により、現代美術と音楽を繋ぐ、最も人気があり影響力を持った作家とみなされてきた。レコードやCD、コミック、映画、写真など、幅広いファウンドメディアを再利用しつつ、マークレーはパフォーマンス、コラージュ、インスタレーション、ペインティング、写真、映像などの数多くの領域で作品を生み出している。

東京都現代美術館「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」では、そうした彼の多様で折衷的な実践を辿る。コンセプチュアル・アートやパンク・ミュージックに影響を受けた初期作品から、イメージと音の情報で構成した大規模なインスタレーション、さらには現代社会に蔓延する不安を映し出した最新作まで、その多岐にわたる活動の全貌を紹介する。

掲載内容:
・インスタレーションビュー・パフォーマンス写真を含む図版
マークレーとの鮮烈な出会いを描いた大友良英のエッセイ、マークレーの本質をあばきだす音響文化論を専門とする中川克志、マンガ研究者ライアン・ホームバーグによる論考、本展キュレーターの藪前知子による作品解説などのテキスト
過去のインタビュー・論考の初邦訳(デイヴィッド・トゥープ、ダグラス・カーン、刀根康尚、ジャン・エステップ、トム・モートン)
展覧会歴、パフォーマンス歴、参考文献、ディスコグラフィー
日本での活動を追ったアーカイブ(当時のパフォーマンス写真、プライベートフォト、フライヤーなど)


EXHIBITION:

クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]
会期:2021年11月20日(土) - 2022年2月23日(水・祝)
休館日: (2022年1月10日、2月21日は開館 )、年末年始 (12月28日-1月1日 )、1月11日
時間:10:00-18:00
東京都現代美術館 企画展示室 1F
詳細
※本展は終了いたしました

This is a catalogue which was published on the occasion of the exhibition 'CHRISTIAN MARCLAY: TRANSLATING' at Museum of Contemporary Art, Tokyo, from November 2021 to February 2022.

The first Japanese publication on Christian Marclay, the catalogue features images of exhibited works, artist interviews, conversations and essays by key commentators such as Tone Yasunao, David Toop, and Douglas Kahn, as well as newly written texts by Otomo Yoshihide, Nakagawa Katsushi (researcher in music and sound studies) and Ryan Holmberg (art and comics historian). The catalogue will include a timeline, archival materials and a comprehensive selection of references to Marclay’s artistic activities in Japan.

-Installation views and plates
-Texts “Around the Time I Met Christian Marclay” by Japanese composer and multi-instrumentalist Yoshihide Otomo, “A Revised Theory of Christian Marclay: Interacting with the World,” by sound studies and music researcher Katsushi Nakagawa, “Christian Marclay and the “Oral History” of Comics,” by art and comics historian Ryan Holmberg, and commentary by exhibition curator Tomoko Yabumae
-Early artist interview and essays by David Toop, Douglas Kahn, Yasunao Tone, Jan Estep, and Tom Morton
-History of Exhibitions, Selected Bibliography, and Discography
-Archival material from past exhibitions and performances in Japan – including performance photos, personal photos, and flyers

by Christian Marclay

REGULAR PRICE $25.00

softcover
408 pages
185 x 240 mm
color, black and white
2022

published by SAYUSHA