TRÄD by Gunnar Smoliansky

スウェーデン人フォトグラファー、グンナー・スモリアンスキー(Gunnar Smoliansky)の作品集。

「グンナー・スモリアンスキーの木々の写真は、人の痕跡が所々に認められるとしても、人間の世界を対象にしたものではない。そうでありながら、写真という形式を用いた社会ジャーナリズムとなっている。と言うよりも、人間が残してきた風景のようにも見える。スモリアンスキーが写した木々は、森林警備隊にとっては悪夢のようであり、同時に熱狂的な自然保護活動家を喜ばすにはあまりに弱々しい。かつては崇高なものとして畏怖の対象とされた植物をとらえたものだが、何とか今に生きながらえたものたちは、苦しみに苛まれながら、人類に反旗を翻している。この作品は原生林のロマンティックな写真ではない。ここに写っているのは、忘れられるがままにされてきた場所、未だに人の手によって何かを生み出されたことなどない、あるいはかつて生み出していたことがあった土地が役に立たないものとされ、次第に衰えていく、そんな場所である。風になぎ倒された木々や、今にも倒れそうな、枝さえない棒のような木々、絡み合ったまま成長してしまった木々。スモリアンスキーの写真を見ることは、教科書的な完璧な図版を観察したり、植物学者カール・フォン・リンネのように学名を考える喜びなどとは程遠い体験である。ほとんどが、治療を受けていないリューマチ患者の関節のようにこぶやねじれが生じて変形し、意思の力のみによってなんとか倒れずにいるような木々の写真である。とはいえ、なんとも理解しがたいことではあるが、孤独や苦難に苛まれているというのに、生命力の衰えたこれらの木々がある種の共同体意識を共有しているように見えてくるから不思議である。」
- 作家・詩人、グンナー・D・ハンソン(Gunnar D. Hansson1945年生まれ、スウェーデン人)による前書きからの引用。

“Gunnar Smoliansky’s (b.1933, Swedish) studies of trees are social journalism in photographic form, although not from the human world in spite of their occasional traces of humanity. No, people appear to have left the scene. Smoliansky’s depictions of trees are a forestry ranger’s nightmare and at the same time far too vulnerable to please the zealous conservationist. These photographs are about a type of vegetation that may once have been both magnificent and dignified – what remains of growth is both frustrated and defiant. They are not romantic pictures of virgin woods. No, instead they are places that have been consigned to oblivion, pre- or post-profitability. Impediments. Languishing land. Windfallen tree trunks or soon to be windfallen trunks that are nothing but upright poles, trunks that have grown into each other. In these photos we are far from observing from perfect specimens, textbooks and the pleasure of inventing Latin names in the Linnaean spirit. They are mainly trees that remain standing by sheer dint of willpower, knots and twists. Like a neglected case of rheumatism. And yet: in the midst of this solitude, in the midst of this struggle, so difficult to grasp, there is a sense of community among the susceptible.” - Excerpt from the preface written by writer and poet Gunnar D. Hansson (b. 1945, Swedish)

by Gunnar Smoliansky

REGULAR PRICE ¥7,800
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
40 pages
300 x 360 mm
black and white
limited edition of 500 copies
2017

published by LIBRARYMAN