TODAY IS THE FIRST DAY by Wolfgang Tillmans

現代美術界で重要な賞の一つである「ターナー賞」を2000年に受賞し、ロンドンとドイツを拠点として活動するドイツ人フォトグラファー、ヴォルフガング・ティルマンス(Wolfgang Tillmans)の作品集。ダブリンのアイルランド現代美術館(IMMA)で開催された「Rebuilding the Future」、ブリュッセル現代美術館(WIELS)で開催された「Today Is The First Day」の2つの展覧会に合わせて出版された作品集。自身が構想とデザインを手掛け、この3年間の作品の進化を豊富な写真で辿る。イメージ制作、映像、パフォーマンス、音楽、政治的活動に対する作者の多面的なアプローチを全て見ることができる。さらに作家のオリビア・ラング(Olivia Laing)、歴史家のブライアン・ディロン(Brian Dillon)、キュレーターのキャサリン・ウッド(Catherine Wood)、地質学者のデイビッド・チュウ博士(Dr David Chew)らに依頼した文章が作品の異なる側面に光を当てている。30ページ以上に渡り掲載されているイングリッシュ・ナショナル・オペラの舞台「戦争レクイエム」のためにデザインした舞台装置をはじめ、最近のポートレイト作品の他、キンシャサ(フランス)やゴスラー(ドイツ)、香港、ヨハネスブルクなど世界中で展示されてきたインスタレーション写真まで、幅広く作品を堪能できる一冊。

Conceived and designed by Wolfgang Tillmans, and published in association with the exhibitions Rebuilding the Future, at IMMA, Dublin and Today Is The First Day, at WIELS, Brussels, this richly illustrated artist’s book explores the latest developments in Tillmans’s work over the last three years. Today Is The First Day spans the artist’s multifaceted approach to image-making, video, performance, music and political activities, presenting newly commissioned texts from contributors including novelist Olivia Laing, historian Brian Dillon, curator Catherine Wood, and geologist Dr David Chew, each of whom illuminate a different aspect of Tillmans’s work. The scope of the book includes over 30 pages featuring his set design for the English National Opera’s production of War Requiem, recent portraits, and detailed installation views that allow to see in depth Tillmans’s installation practices in venues as far afield as Kinshasa and Goslar, Hong Kong and Johannesburg.

by Wolfgang Tillmans

REGULAR PRICE ¥5,500

softcover
512 pages
251 x 197 mm    
color, black and white
2020

published by WALTHER KÖNIG