TIME OF NOTHING by Jim Mangan

アメリカ人フォトグラファー & フィルムメーカー、ジム・マンガン(Jim Mangan)の作品集。1940年代のアメリカで起きた美術運動「抽象表現主義(Abstract expressionism)」へのオマージュとして、現実と空想との間を絶妙なバランスで写した風景作品を収録。本作は、自然の中に置かれた人間を撮影した「rebirth」をテーマとする三部作「Winter's Children」「Color'd」「Bedu」とは異なり、自然そのものの奇妙さや気まぐれさに着目。セスナの単発機に乗りアメリカのユタ州に位置するグレートソルト湖を撮影した。35mmフィルムで写す高度約500フィート(約152m)からのイメージは非現実的な世界の景色を見せ、空撮を主張しない作品に仕上げられている。

Unlike his trilogy on the subject of rebirth where people were given a central place within nature, Mangan now focuses on the whims of nature itself. The photographer explored The Great Salt Lake (Utah) from a single engine Cessna plane. The entire project was shot with 35mm film from approximately 500 feet high and gives the audience a non-conventional view of the world, not appearing to be taken from a plane.

by Jim Mangan

REGULAR PRICE ¥6,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
64 pages
229 x 330 mm
color
limited edition of 600 copies
2016

published by SILENT SOUND