THINKING BY MODELING by Frei Otto

ドイツ人建築家、フライ・オットー(Frei Otto)の作品集。作者のテント構造建築は、1950年代にまだ新しかった西ドイツで開催されたガーデンショーで大きな注目を浴びた。1972年に開催されたミュンヘンオリンピックでは、建築設計事務所ベーニッシュ&パートナー(Behnisch & Partner)と協力して屋上庭園を制作した。作者の作品が持つ革新的な可能性は、建築、技術、芸術、科学、社会をまたぐ分野横断的なものの考え方に基づいている。作者は自然をモデルとして捉え、その生涯を通じて建築と土木工学、ひいては人類の未来のために自然の力を活用しようと努力を続けた。作者のアーカイブには非常に多数の実験的な模型が収蔵されている。作者の模型が本になるのは英語版とドイツ語版で出版された本書が初めて。本書はヴュステンロート財団の援助によりZKM | Center for Art and Media Karlsruheで2016年秋に開催された展覧会に伴い刊行されており、作者の回顧展としては過去最大規模のものとなった。

In the 1950s, Frei Otto’s tent structures left their mark on the horticultural shows of the new Bonn Republic; together with Behnisch & Partner he created the roof landscape for the Munich Olympic Games in 1972. The innovative potential in his work is based on the interdisciplinarity of a mode of thinking that took in architecture, technology, art, science, and society. He saw nature as a model and tried throughout his life to harness it for the sake of architecture and civil engineering ― and thus also for the future. The Frei-Otto Archive features a large number of experimental models. The book will come out in two editions (German and English) and will be the first time Frei Otto’s models have appeared in print. The book is being published in conjunction with the most extensive exhibition to date of the work of Frei Otto at the ZKM | Center for Art and Media Karlsruhe in association with the Wüstenrot Foundation. The exhibition will open in autumn 2016.

by Frei Otto

REGULAR PRICE ¥8,500

softcover
420 pages
220 x 330 mm    
color
2017

published by SPECTOR BOOKS